くらし

<お題>親のゲーム時間、どう影響

2020/10/12 19:36

 夫がスマホゲームや動画投稿サイト「ユーチューブ」に熱中し、子どもがまねをして困る―。そんな悩みが少なくないようです。逆に妻が熱中しているケースもあるかもしれません。「子どものゲームの時間を制限したいのに『お父さんはやってる』と言われる」などとイライラが募るよう。文句をいうと逆に隠れて子どもとゲームで遊ぶケースも。皆さんの家庭ではいかがですか。歯止めをかけるための「作戦」などを教えてください。

 ▽読者から

 ■「依存心配」訴え

 夫はゲーム漬けの生活をいくら頼んでもやめませんでした。ある時、私は激怒し、泣いて真剣に「子どもがまねをして、ゲーム依存にならないか心配」と訴えました。「ゲームしない日を設ける」「ゲームしたりスマホをいじったりする姿を子どもに見せない」など三つの約束を作って壁に張りました。私の本気が伝わったのか、夫はだいぶん約束を守ってくれています。(岩国市・主婦・37歳)

 ■子と同じ時間で

 夫もゲーム好きです。家族で話し合い、小学4年と2年の息子が起きている間は、息子がゲームをする時間帯だけ夫もプレーできるように決めました。例えば、休日は1時間まで。終了時刻になるとみんなで「もう時間だよ」と声を掛け合うので、夫も自然に終えています。子どもが寝静まってから、夫は好きなだけゲームを楽しみます。(福山市・主婦・36歳)

 ■害について書いた本読む

 私も以前は、子どもの前でスマホゲームをしていました。ログインするとポイントがたまるので、毎日の習慣になっていました。でもある本を読み、スマホゲームには中毒性があることや止められない仕掛けがあることを知り、すっぱりやめることにしました。ゲームに夢中なパートナーには、害について書いた本がお薦めです。(福山市・会社員男性・38歳)

 ■育児時間増やす

 私の夫も休日はスマホを手放しませんでした。私はゲームから夫を引き離そうと計画しました。休日は夫と子どもだけで公園に行かせて思い切り遊ばせたり、絵本を読んでもらったり、夫がスマホを触る余裕がないようにしました。夫は今、子どもが第一のお父さんになり、子どもの前では一切ゲームをしません。(呉市・主婦・36歳)

 ■視聴は自室だけ

 夫はダンスなどの動画をよく視聴しています。ほかの家族は入れない自分の部屋の中で見ます。ただ、ふすまは開けっぱなしなので子どもは父親の存在を身近に感じつつも、言い付けを守って近づかないので動画を見ずに済んでいます。結果的に、子どもは動画に関心があまりありません。動画に熱中する親と子どもが少し離れることが大事です。(広島市佐伯区・主婦・40歳)

 ■姿見せぬように

 私の夫も暇な休日は、スマホゲームを3人の子どもの前でもずっとやっています。子どもの前ではやめてほしいのが本音ですが、夫の趣味なので仕方がないと諦めています。夫がゲームする姿を少しでも子どもの目に触れさせないように、休日には私が子どもをイベントや公園に連れ出しています。(三原市・主婦・43歳)

 ▽現場から

 ■夢中になる理由を聞いて NPO法人ファザーリング・ジャパン中国代表理事 片元彰さん(広島市安佐南区)

 父親同士でさまざまな行事を開き、子育てや夫婦関係を考える活動をしています。夫婦のコミュニケーションについて、失敗例や成功例の情報交換もしますが、意外にコミュニケーションが取れていない夫婦が多いようです。

 パートナーがなぜゲームにのめり込むのか、知っていますか。熱中するのに事情がある場合もあります。仕事が大変で精神的に追い詰められて気分転換をしたいのかもしれません。家事や育児のつらさから逃れるため、というケースもあるでしょう。

 会話が盛んな家庭では、子どもの話を聞いているだけで夫婦同士でも話したつもりになりがちです。よく話し合う夫婦でも、一方がいつも聞き役だったら互いの考えは分かりません。

 ゲームに夢中になる理由を、まずしっかり聞いてみましょう。うちのメンバーの中には、子どもが寝た後に夫婦でお茶を入れて甘い物を食べながら向き合うと、穏やかな雰囲気になるという人もいます。ゲーム嫌いな人はゲームをやってみてください。熱中する相手を理解しようとする姿勢を持てば、より円滑に話し合えますよ。

 ▽担当記者から

 読者からの助言には「家族会議を開き、ゲームについてそれぞれの気持ちを素直に伝え合ってはどうか」という意見もありました。「お父さんがゲームばかりして寂しい」など親も子どもも本音を打ち明けることができたら、解決策が浮かぶかもしれませんね。(治徳貴子)

 ▽次回のお題は 2人目不妊治療をしたい

 助成制度の拡充が検討されている不妊治療。1人目だけでなく2人目の子どもがなかなかできず、治療を選ぶ人もいます。今いるわが子に「きょうだいをつくってあげたい」と思うだけでなく「一人っ子はかわいそう」という周囲の声に悩む人もいます。一方で、2人目が欲しいのに「1人いればいいじゃない」と言われて嫌な思いをする人も。2人目の不妊治療にまつわる体験、家族や友人、同僚の接し方についてのご意見をお寄せください。

この記事の写真

  • 片元彰さん
  • 頭が引っ掛かっちゃう(将人=まさと=君、呉市)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「子育てカタリバ」は、乳幼児の子育てや仕事と育児の両立などについて、率直に語り合う場にしていきたいと思います。無料通信アプリLINE(ライン)で投稿ができる「中国新聞くらし」のアカウントもできました。郵送やメール、ファクスでの投稿もお待ちしております。

  • 郵送

    〒730-8677広島市中区土橋町7-1
    中国新聞文化部「子育てカタリバ」係

    ファクス

    中国新聞文化部「子育てカタリバ」係
    082-291-5828
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てカタリバの最新記事
一覧

  • <お題>「ペット飼って」と言われたら (2/15)

     新型コロナウイルス感染拡大の影響が続いて子どもがイベントに参加したり友達と遊んだりするのが難しい中、子どもにせがまれてペットを飼うことを検討する家庭もあるでしょう。ただ、散歩や餌やりなどの世話に子ど...

  • <お題>きょうだい、平等に愛せている? (1/11)

     「きょうだいを平等に愛せていないのではないか」と自分を責め、戸惑うことはありませんか。親と同じ短所がある子どもが何となく疎ましいとか、甘え上手な子どもばかりをかわいく感じてしまうケースがあるようです...

  • <お題>「勉強しなさい」強く言う? (12/14)

     子どもに勉強をさせようと、情熱的になり過ぎることはありませんか。「何時になってでもやりなさい」と強く迫ったり、そばで教えながら、九九やひらがなが覚えられない子どもを「こんなに簡単なことができないの」...

  • <お題>2人目不妊治療をしたい (11/9)

     助成制度の拡充が検討されている不妊治療。1人目だけでなく2人目の子どもがなかなかできず、治療を選ぶ人もいます。今いるわが子に「きょうだいをつくってあげたい」と思うだけでなく「一人っ子はかわいそう」と...

  • <お題>親のゲーム時間、どう影響 (10/12)

     夫がスマホゲームや動画投稿サイト「ユーチューブ」に熱中し、子どもがまねをして困る―。そんな悩みが少なくないようです。逆に妻が熱中しているケースもあるかもしれません。「子どものゲームの時間を制限したい...