くらし

車の運転が手荒い夫

2020/10/17

 夫の手荒い車の運転に悩む安芸高田市の主婦(70)からの相談です。

 「夫(71)がハンドルを握る車の助手席で、いつもひやひやしています。信号が赤に変わりそうなのにアクセルを踏み込んで直進したり、交差点を強引に右折したり。『危ないよ』と注意しても、まったく聞きません。近くにスーパーなどもなく、車は大切な移動手段です。できるだけ長く、安全に運転してほしい。取り返しのつかない事故を起こさないためにも、いいアドバイスはありませんか」

 読者からの回答

★危険な動きを撮影

 運転をドライブレコーダーや妻のスマートフォンで記録して、本人に見てもらいましょう。私も先日、自分の運転の映像を見る機会があり、危険な動きに驚きました。ハンドルを握っている時には気付きませんでした。映像を本人に見せれば、どのように危なくてどう改善すべきかが分かってもらえると思います。(三次市・公務員女性・32歳)

★ストレス尋ねては

 パートナーは以前から危ない運転でしたか。私の夫も10年以上前は、不思議なほど荒かったです。内緒の借金が膨れ上がり、自暴自棄になっていたことが後で分かりました。パートナーも何か大きな問題やストレスを抱えているのかもしれません。「いらいらすることでもあるの」と尋ねてみてはどうですか。(広島市佐伯区・介護士女性・60歳)

★丁寧な運転見せる

 娘の夫は、仕事でトラックに乗る運転のプロ。運転の雑な私の夫を乗せて、丁寧なハンドルさばきを見せながら走ってくれるように頼みました。夫は「上手だな。わしも見習わないといかん」と感心して、今では安全に気を配るようになりました。走らせるのが上手な知り合いに協力してもらいましょう。(呉市・主婦・65歳)

★感謝の言葉伝える

 同乗した時に「いつも運転をありがとう」と感謝を伝えてみてはどうでしょう。荒さを指摘するとプライドが傷ついて腹を立てるだけで、改善されないように感じます。「車は生活に必要だから、これからも安全にお願いしますね」と無事故を祈る気持ちを粘り強く伝え続けるのがポイントでしょう。(廿日市市・高校教諭男性・38歳)

★サポート車に転換

 75歳の夫も、一緒に乗るのが怖いような荒い運転をします。注意すれば、不機嫌になってかえって丁寧さを欠くようでした。最近、私の強い希望で「安全運転サポート車」に乗り換えました。いざというときに自動でブレーキがかかるので、少し安心しています。(廿日市市・主婦・71歳)

★孫に指摘をお願い

 お孫さんの協力を得てはどうでしょうか。パートナーの運転する車に乗ってもらい、「酔って気持ちが悪くなるよ」などと言ってもらいましょう。妻の注意は「また言っているな」と聞き流しているとしても、大事な孫からの指摘は素直に受け入れ、乗り心地の良さに気を配るようになるのではないでしょうか。(三次市・農業男性・64歳)

係から

 読者からは「高齢者の自動車事故についての新聞の切り抜きを、夫の目に付く場所に置いてみては」「遠方への運転は子どもや孫が代わる」などの助言もありました。事故が起きる前に、ほかの家族と一緒に運転について話し合いたいですね。(治徳貴子)


【お答え待ってます】マナー守らず遊ぶ近所の子

 マナーを守らず遊ぶ近所の子どもに悩む廿日市市の主婦(40)からの相談です。

 「住宅街の自宅前の道で夕方、近くの子どもたちが遊びます。うるさいだけでなく、車にボールが当たったり、手の跡で汚されたり。庭に転がり込んだボールを無断で取りに入ることもあります。一緒にいる親はおしゃべりに夢中で、子どもを軽くたしなめる程度です。夕方になると気が沈みますが、ご近所だけに苦情も言いにくい。どうすれば家の前で遊ぶのをやめてもらえるでしょう」

 質問と回答の掲載者には図書カードをお送りします。匿名希望でも、住所、名前、職業、年齢、電話番号を明記してください。

 次回は11月1日の予定です。

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よろず相談室の最新記事
一覧

  • 車の運転が手荒い夫 (10/17)

     夫の手荒い車の運転に悩む安芸高田市の主婦(70)からの相談です。 「夫(71)がハンドルを握る車の助手席で、いつもひやひやしています。信号が赤に変わりそうなのにアクセルを踏み込んで直進したり、交差点...

  • 縫いぐるみ捨てられない (10/3)

     子ども時代に大切にしていた縫いぐるみを捨てられずに悩む東広島市の会社員女性(46)からの相談です。 「昔、父に買ってもらったクマの縫いぐるみが捨てられません。子どもの頃は毎日抱きしめて寝ていたので、...

  • 昔の彼に会ってみたい (9/19)

     昔の彼に会ってみたい―。広島市安佐南区の主婦(62)からの相談に、80件を超える意見が寄せられました。今回は拡大版でお伝えします。 「最近、学生時代に交際していた男性に会いたいと思うようになりました...

  • 連日の暑さ、夏バテ対策は (9/5)

     夏バテが心配という広島市南区の介護職女性(40)からの相談です。 「猛烈な暑さで、体がだるい日が続いています。職場ではクーラーがかかっていますが、マスクを着けていると息苦しく疲れやすい気がします。夜...

  • 片付けに協力しない夫 (8/22)

     家の片付けに夫が協力してくれないという広島市南区の自営業女性(41)からの相談です。 「今の家に越して10年余り。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための巣ごもり生活で片付けを始めました。子どものお...