くらし

タンパク質でフレイル予防 「ちょい足し」で食生活改善

2020/11/12 19:49
グラフィック・末永朋子

グラフィック・末永朋子

 年を取って心身が衰え、介護を必要とする手前の状態「フレイル」。タンパク質をたっぷり取るよう食生活を見直すことも予防につながる。呉市の特別養護老人ホーム呉本通コスモス園の管理栄養士谷川恭子さん(51)は、日頃のメニューへの「ちょい足し」を勧める。その方法やレシピを教わった。
(ここまで 137文字/記事全文 1425文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 「タンパク質の量は、1週間単位で平均して考えて」と話す谷川さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧