くらし

頻繁に急な尿意、過活動膀胱かも 広島大病院・藤井慎介医師に聞く

2020/11/17 19:06
藤井慎介医師

藤井慎介医師

 ▽内視鏡で注射「ボツリヌス療法」、保険適用に

 繰り返し急な尿意に見舞われる「過活動膀胱(ぼうこう)」―。命に直接かかわる病気ではないものの、おしっこに振り回される生活はつらい。だが最近はさまざまな治療が登場している。ことし4月には、これまでの薬が効かない人たちを対象にした「ボツリヌス療法」が保険適用になった。広島大病院腎泌尿器科(広島市南区)の藤井慎介医師に最新の治療について聞いた。

 ■どんな病気?

 藤井医師によると、過活動膀胱は尿をためる機能が加齢で衰えたり、骨盤周りの筋肉が弱くなったりして起きる。脳卒中やパーキンソン病がきっかけでなることもあり、トイレに間に合わず失禁してしまうケースもある。仕事に支障を来す▽睡眠時間が短くなる▽尿漏れが怖くて電車やバスに乗れない―など、さまざまな弊害が現れる。
(ここまで 354文字/記事全文 1553文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧