くらし

FILE88 誤嚥性肺炎 吉島病院 山岡直樹院長

2020/11/24 19:02
吉島病院 山岡直樹院長

吉島病院 山岡直樹院長

適度な運動 予防に効果

 新型コロナウイルス感染症の症状として注目される肺炎だが、患者や死亡者の数が多いのは高齢者の誤嚥(ごえん)性肺炎だ。口の中の細菌が肺に入って起こる。吉島病院(広島市中区)の山岡直樹院長(62)に予防や治療について聞いた。(衣川圭)
(ここまで 126文字/記事全文 1915文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

専門医が診るの最新記事
一覧