くらし

<69>弱気うむ午後 一人きり、揺らぐ「わたし」

2020/11/26 19:53
絵・沢田妙

絵・沢田妙

 コロナ禍で人との交わりを失った人は多い。そんな人が心寂しく弱気になる時間帯は、一日のうちの何時頃だろうか? 午前中か、午後か、はたまた真夜中だろうか。
(ここまで 76文字/記事全文 812文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

夕映えあとさきの最新記事
一覧

  • <74>コロナ再拡大 老老介護の世帯に不安 (1/14)

     新型コロナウイルス感染が再び拡大し、家庭内感染が増えつつあるという。そんな中、親や配偶者の介護をしている家族は、不安を募らせているのではないだろうか。

  • <73>新年の目標 身近な年長者を手本に (1/7)

     新しい年が始まった。夫婦だけの正月。例年なら子ども家族も加わり、食事の準備などで忙しい。が、今年は取り立ててすることもない。この手持ち無沙汰に加え、コロナ感染拡大に伴う外出自粛、寒さによる運動不足。...

  • <72>信頼 政治的リーダーに望む (12/24)

     世界が激動し、不安で不穏な日々が続いた一年が終わろうとしている。あっという間のような、ずいぶんと時間がたったような奇妙な年だった。

  • <71>万が一のとき 金で解決できぬことも (12/10)

     いまの高齢者には「子どもの世話にはならない」と言う人が多い。「自分には金がある。金さえあればなんとかなる」という考えの人も多い。だが、それで大丈夫だろうか。

  • <70>長寿時代の介護 自助・互助で足りるのか  (12/3)

     ことしも、喪中欠礼のはがきが届く季節になった。亡くなった方の享年をみると、90代が多く、100歳を超える人も数人いる。故人の年齢が、年々高くなりつつある。