くらし

作業服クールに進化中 広島のメーカー、すっきり細身・色柄も多彩

2020/11/28 18:57
ベストは電熱ヒーター付きで保温性抜群。ワークパンツはブーツインしてすっきりと(協力・コーコス信岡)

ベストは電熱ヒーター付きで保温性抜群。ワークパンツはブーツインしてすっきりと(協力・コーコス信岡)

 作業服がおしゃれに進化している。「ワークマン女子」なる流行語が生まれるなど作業服大手の「ワークマン」(群馬県)が注目される一方、広島のパイオニア企業も負けていない。高い機能性、デザイン性、低価格の三拍子がそろい、日常着やアウトドアウエアとして一般客の心も引き付けている。

 福山市の老舗メーカー「コーコス信岡」を訪ねると「本当に作業服?」と思うようなスタイリッシュな着こなしの男性が登場した。トランシーバーや工具箱を持っていなければ、「イケてる街着」。高級な質感と多彩な色柄、すっきりした細身のシルエット…。軽くて動きやすく、防風・防水・防寒機能や耐久性も優れているという。

 新型コロナウイルス禍の中でアパレルは苦戦しているが、作業服は一般客にも好調だ。多くが5千円以下のお手軽価格。アウトドアブームも手伝って、キャンプや釣り、ツーリングといった幅広い場面で着用できる点も魅力を集めているとみられる。

 コーコス信岡企画部の林威喜部長によると、かつての作業服は「消耗品」で、だぼだぼズボンや地味色の上下セットが定番だった。しかし、「毎日着るものだからこそ、格好よく」という若い人たちのニーズを受け止め、カジュアル路線の商品を増やして自分らしく着こなす楽しみを提供する。

 女性用も例外ではない。府中市のメーカー「バートル」では、女性の体形に合わせて細めの腰回りの製品も用意。「女性は美意識が高い人が多く、機能的でスタイルが良く見える服を求めている」と大崎諭一社長。製造業では、作業服の印象で就職先を決める学生もいるため、「デザイン重視」の企業は年々増えている。「作業服」から洗練された「ワークウエア」へ。まだまだ進化しそうだ。(文・ラン暁雨、写真・井上貴博)

この記事の写真

  • 仕事でもレジャーでも使えるアウトドアジャケット。迷彩柄のカーゴパンツで軽快に
  • 11カ所のポケットを備えたジャケットとパンツの組み合わせ。ストレッチが効いていて動きやすい
  • スポーティーなパーカは後ろ身頃にフリース素材を使い、軽くて高機能。タウンユースにも(協力・バートル)
  • 保温性・防水性に優れたマウンテンパーカ。反射材付きで倉庫や屋外の作業で活躍する
  • 定番のジャケットは鮮やかな発色。シルエットが美しいカーゴパンツと合わせればオフィス仕様に

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧