くらし

<お題>「勉強しなさい」強く言う?

2020/12/14 20:01

 子どもに勉強をさせようと、情熱的になり過ぎることはありませんか。「何時になってでもやりなさい」と強く迫ったり、そばで教えながら、九九やひらがなが覚えられない子どもを「こんなに簡単なことができないの」ときつく叱ったり…。ただ度が過ぎると、耐えられないほどの負担を掛ける「教育虐待」にもつながりかねません。子どもの勉強と、どう向き合っていますか。経験談やご意見をお待ちしています。

 ▽読者から

 ■無理に教えない

 小学3年の娘に何度同じことを教えても「分からない」と言われると私はいらいらします。そんなとき、無理に教えると言い合いになるので、いったん教えるのをやめます。娘が「見捨てられた」と感じないように「お父さんに聞いたら」「先生に尋ねてごらん」と伝えます。一人になった娘は冷静になってもう一度問題に向き合い、何とか答えを出しています。(東広島市・主婦・38歳)

 ■あえて言わずに

 小学5年の次女には勉強を教えないことにしています。「早く取り掛かったら」と言うだけで娘は不機嫌になり、こちらも嫌な気分になるからです。勉強について言いたくなるときは、テレビを見たり草むしりをして心を静めます。私が何も言わないと、次女の方から「今こんな勉強をしているんだ」などとうれしそうに報告するようになりました。(三原市・パート女性・53歳)

 ■ほめるとやる気

 娘が小学校低学年まで、そばで勉強を教えていました。私が一生懸命なのに娘が上の空の時は強い言葉で叱り、後で反省したこともあります。それで、娘がよくできたときに「ああ、すごい」と努力した姿をしっかりほめるようにしました。娘はほめられるとやる気を出し、実力を発揮できるようになりました。(呉市・主婦・58歳)

 ■意欲そがないで

 養護教諭の私からすると「勉強のことで親に叱られた」と保健室に来る子が気になります。子どもは親にほめられ、認められたいのです。親が「ここまではできてほしい」というラインに子どもが達していなくても、以前よりできるようになった部分があればほめてほしい。「こんなの解けて当たり前」という親の態度や言葉は、子どもの学ぶ意欲をそぎます。(広島県・養護教諭女性・30代)

 ■親も勉強しては

 親が勉強する姿を見せると、子どもの学習意欲につながる気がします。私はファイナンシャルプランナー1級を目指してリビングで勉強をしています。自習中に子どもに勉強するように促すと、子どももすぐに取り掛かります。勉強することは当たり前で、多少嫌でも取り組むものだと認識しているようです。(福山市・会社員男性・42歳)

 ■長い目で見よう

 長男が小中学生の時に横で教えましたが、けんかになるばかりでした。「プロに任せよう」と塾に入れるとサボって、また親子げんかになりました。やっと本気で勉強するようになったのは、自分が行きたい大学が見つかってから。親は思い詰めず、長い目で寄り添うことを勧めます。(広島市安芸区・主婦・53歳)

 ▽専門家から

 ■ゆったり眺める姿勢を 広島都市学園大教授(教育方法学) 杉山直子さん(広島市南区)

 勉強を教えていて子どもに腹が立ったときは、肩の力をふっと抜き、深呼吸してください。心に留めてほしいのは、子どもは親の所有物ではないということです。思い通りに勉強させ、親の理想の職業に就かせることは難しいです。

 勉強が親の求める通りにできないことを責め続けると、子どもは「自分はだめな子」と思い込み、自信を失います。親は子どもの長い人生の全体をゆったり眺める姿勢を持ちましょう。今は解けない問題も、いつかは解ける日が来るかもしれないのです。

 家庭ではむしろ、社会や自然にしっかり関わる体験をしてほしい。例えば、さまざまな職種で働いている大人の姿に興味を持ったり、乗り物に乗るときのルールを学んだり。身近な問題を解決する力もつけてほしい。例えば、家に残っている少しの食材で、家族みんなの夕食を作る工夫をするのもその一つでしょう。

 複雑な世の中の仕組みを体験しながら学ぶことができれば、人間としての幅が広がります。多くの人と協力し、さまざまな学問を結び付けて問題解決に挑む「これからの時代の学力」を身に付けることにつながるはずです。

 ▽担当記者から

 「子どもが勉強する朝の30分間に合わせて早起きして、そばで見守った」「隣で読書して、子どもが分からない時にだけ聞かれたことに答える」などの投稿もありました。子どもとの衝突を避けるためのさまざまな工夫に、親の愛情を感じました。(治徳貴子)

 ▽次回のお題は きょうだい、平等に愛せている?

 「きょうだいを平等に愛せていないのではないか」と自分を責め、戸惑うことはありませんか。親と同じ短所がある子どもが何となく疎ましいとか、甘え上手な子どもばかりをかわいく感じてしまうケースがあるようです。親の愛情の濃淡に気付いたきょうだいの仲が悪くならないか、心配にもなるでしょう。同じように愛せていないと気付いたら、子どもへの接し方をどう工夫すればいいのか。経験談やご意見をお待ちしています。

この記事の写真

  • 杉山直子さん
  • どんな夢を見てるのかなあ=心音(ここね)ちゃん、広島市中区

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「子育てカタリバ」は、乳幼児の子育てや仕事と育児の両立などについて、率直に語り合う場にしていきたいと思います。無料通信アプリLINE(ライン)で投稿ができる「中国新聞くらし」のアカウントもできました。郵送やメール、ファクスでの投稿もお待ちしております。

  • 郵送

    〒730-8677広島市中区土橋町7-1
    中国新聞文化部「子育てカタリバ」係

    ファクス

    中国新聞文化部「子育てカタリバ」係
    082-291-5828
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てカタリバの最新記事
一覧

  • <お題>「ペット飼って」と言われたら (2/15)

     新型コロナウイルス感染拡大の影響が続いて子どもがイベントに参加したり友達と遊んだりするのが難しい中、子どもにせがまれてペットを飼うことを検討する家庭もあるでしょう。ただ、散歩や餌やりなどの世話に子ど...

  • <お題>きょうだい、平等に愛せている? (1/11)

     「きょうだいを平等に愛せていないのではないか」と自分を責め、戸惑うことはありませんか。親と同じ短所がある子どもが何となく疎ましいとか、甘え上手な子どもばかりをかわいく感じてしまうケースがあるようです...

  • <お題>「勉強しなさい」強く言う? (12/14)

     子どもに勉強をさせようと、情熱的になり過ぎることはありませんか。「何時になってでもやりなさい」と強く迫ったり、そばで教えながら、九九やひらがなが覚えられない子どもを「こんなに簡単なことができないの」...

  • <お題>2人目不妊治療をしたい (11/9)

     助成制度の拡充が検討されている不妊治療。1人目だけでなく2人目の子どもがなかなかできず、治療を選ぶ人もいます。今いるわが子に「きょうだいをつくってあげたい」と思うだけでなく「一人っ子はかわいそう」と...

  • <お題>親のゲーム時間、どう影響 (10/12)

     夫がスマホゲームや動画投稿サイト「ユーチューブ」に熱中し、子どもがまねをして困る―。そんな悩みが少なくないようです。逆に妻が熱中しているケースもあるかもしれません。「子どものゲームの時間を制限したい...