くらし

対応・予防に35人態勢 広島県コロナ専従組織、14日に新設

2021/1/14 13:15

 広島県は13日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する専従組織「新型コロナウイルス感染症対策担当課」を14日に設けると発表した。健康福祉局内に、担当の部長級ポストと合わせて新設。県庁本庁舎へ移転させる感染症・疾病管理センターを含めた35人態勢で発生対応や予防を進める。
(ここまで 135文字/記事全文 491文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

医療・健康の最新記事
一覧