• トップ >
  • くらし >
  • くらし >
  • チェンジ!なりたい自分になる 広告代理店勤務・石崎由真さん(29)=広島市中区

くらし

チェンジ!なりたい自分になる 広告代理店勤務・石崎由真さん(29)=広島市中区

2021/1/16 18:52
ジャケット、セーター、パンツ、ネックレス、バングル(イネドインターナショナル)、靴(卑弥呼)、リボンタイ、バッグ(自由区) 撮影・大川万優

ジャケット、セーター、パンツ、ネックレス、バングル(イネドインターナショナル)、靴(卑弥呼)、リボンタイ、バッグ(自由区) 撮影・大川万優

 ▽ジーンズ卒業、レディー度アップ

 20代はワーキングホリデーで欧米を巡り、ジーンズに白いTシャツかニットで過ごすことがほとんどでした。しかし30歳を前にして、好きだったカジュアルスタイルが似合わなくなってきた気がします。俳優の吉田羊さんのような辛口の服も似合う大人の女性に憧れます。普段は着ないアイテムで、新しい自分を見つけたい。

 ▽ビビッドな差し色、さらり大人の風格

 紺の上下でまとめたナチュラルなスタイルで現れた石崎さん。ご自身が何かもの足りないと感じるのは、30代になって環境や求められる立場が変わったからかもしれません。気に入っていた服がしっくりこなくなるのは、外見や内面と服との間にずれが生じるからです。

 着慣れたマニッシュでシンプルな服に、ビビッドな色やアクセサリーを加え、年齢に見合った「レディー度アップ」を目指しましょう。

 まず選んだのはピンクのパンツ。診断で分かった華のある「観音」の個性に、とても似合うカラーです。重くなりがちな冬のコーディネートの差し色になります。センタープレスなのできちんと感も出せます。

 ジャケットは、落ち着いた色味ながらトレンド感とこなれ感を併せ持つキャメルにしました。白い肌の色やフェースラインは優雅な「天女」のイメージが強いので、ゆったりしたシルエットのダブルジャケットで風格を加えました。

 黒のタートルでVゾーンを引き締めましょう。ゴールドのネックレスやバングルを着けると、華やかさがアップします。首元に重ねた細めのリボンタイが、クラシックな雰囲気を醸し出します。

 足元には存在感のあるレオパード柄をプラスし、ピリッとまとめましょう。派手な柄は、顔から遠い所に小さな面積で取り入れるとチャレンジしやすいです。自分の好みにアレンジを加え、大人のファッションを楽しんでください。

 文・こすも=パルブライト・イメージコンサルタント(広島市)

 【チェンジ!なりたい自分になる】

主婦・嶋田智美さん(26) お迎えママ、スタイリッシュに

弁護士・斎村美由紀さん(43) 「白」増やしてかっこよさ抑える

この記事の写真

  • いつものスタイル
  • 【アレンジ】チェックのコートは、ビッグシルエットで優雅な印象。スカートのようなラップ風パンツは、幅が広いウエストベルトがスタイルをすっきり見せてくれます。コートの重量感に合わせ、足元はロングブーツでバランスを取って。コート、バッグ(ミーセレクト)、パンツ(ギャルリー・ヴィー)、ブーツ(卑弥呼)、イヤリング(著者私物)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧