くらし

被爆2世の健診、記録改良を要望 山口の市民団体

2021/1/28 10:48

 山口市の市民団体「被爆二世の会」は27日、被爆2世の健康診断結果を記す山口県独自の記録表について、国が昨年末に広島、長崎両市と47都道府県に示したひな型を基に改良するよう、県に求めた。
(ここまで 93文字/記事全文 352文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

医療・健康の最新記事
一覧

  • 神石高原町がコロナ条例制定 広島県内初、感染対策は「責務」/差別の禁止 (3/6)

     広島県神石高原町は5日、新型コロナウイルス感染症対策を町や町民の責務として定め、感染者や医療従事者たちへの差別などを禁じる条例を制定した。同町は県内の23市町で唯一、これまでに新型コロナの感染者が報...

  • 疫学調査強化し感染経路遮断を 新型コロナ、鳥取知事が訴え (3/6)

     首都圏1都3県の新型コロナウイルスの緊急事態宣言再延長が決まった5日、鳥取県の平井伸治知事は「変異株の広がりもあり、慎重に構える意味で妥当」とした上で、「2カ月かけても感染を抑え込めていない。飲食店...

  • がん闘病、交流で勇気 呉の横路小6年、体験聞く (3/6)

     呉市の横路小の6年生が5日、がんの闘病を経験して啓発活動に取り組んでいる時森由佳さん(50)=尾道市=から、オンラインでがんについて学んだ。総合的な学習の一環で、児童約120人が4教室に分かれて話を...

  • 府中市民病院、常勤外科医の不在解消 4月1日から (3/5)

     府中市は4日、市民病院(鵜飼町)に常勤の外科医師2人が4月1日から着任すると明らかにした。外科は2018年11月から常勤医師が不在となり、手術ができず収入が落ち込んでいた。同日の市議会一般質問で答弁...

  • 島根県がワクチン接種相談窓口 (3/5)

     島根県は、新型コロナウイルスのワクチン接種に関する電話相談窓口を設置した。接種による健康面への影響や副反応などの問い合わせに対応し、県民の不安解消を図る。午前8時半〜午後9時。土日、祝日も含め、毎日...