くらし

障害者を手助け、サポーター養成 山口県、11・26日に研修

2021/2/3 14:55

 山口県は11、26日、障害者への理解を深め、手助けを心掛ける「あいサポーター」を養成するオンライン研修を開く。県民を対象に、各回50人程度の参加者を募っている。
(ここまで 81文字/記事全文 326文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

医療・健康の最新記事
一覧

  • がんの早期発見、庄原で講演会 3月9日 (2/25)

     がんの早期発見に向け、かかりつけ医を持つ大切さを学ぶ講演会が3月9日午後1時半から、庄原市西本町の市ふれあいセンターコパリホールである。同市が主催し、無料で定員30人。

  • 囲碁まつりを2年連続中止 コロナで尾道市 (2/25)

     尾道市は24日、7月10、11の両日に因島市民会館(因島土生町)などで予定していた本因坊秀策囲碁まつりを、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止すると発表した。中止は昨年に続き2年連続。

  • 浜田市、PCR費用補助 島根県外からの転勤者ら対象 (2/24)

     浜田市は、市内の事業所への島根県外からの採用・転勤者と、高等教育機関5校の新入生を対象に、新型コロナウイルスのPCR検査費用を補助する。市内での感染拡大の防止と市民・学生同士の不安解消が狙い。

  • 公立邑智病院の新院長に山口氏 (2/23)

     島根県邑南町の公立邑智病院は22日、荘田恭仁院長(64)が3月末で退任し、4月から新院長に同病院小児科の山口清次氏(69)が就くと明らかにした。

  • 接待伴う飲食店集中エリア、PCRセンター設置へ 福山市 (2/23)

     広島県と福山市は22日、同市の接待を伴う飲食店が集まるエリアに、新型コロナウイルスのPCRセンターを設置すると発表した。エリア内で感染が続き、検査を受けていない利用者たちからの感染拡大が懸念されるた...