くらし

4月導入目指すワクチン接種の新システム 小林史明・内閣府大臣補佐官に聞く

2021/2/5 10:57
小林史明氏

小林史明氏

 ▽リアルタイム管理に利点 自治体や医療の負担抑制

 政府は、新型コロナウイルスのワクチン接種情報をほぼリアルタイムで把握する新システムを4月に導入する方向で準備を進めている。総合調整を担う河野太郎行政改革担当相の下、内閣府大臣補佐官を務める小林史明氏(写真・広島7区)は中国新聞の取材に「(接種情報の)データベースを作れば国民の疑問や不安を解消し、自治体や医療機関の負担も抑えられる」と訴える。利点や導入の背景などを聞いた。(下久保聖司)
(ここまで 219文字/記事全文 1307文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

医療・健康の最新記事
一覧