くらし

「妥当」「検査で抑止は疑問」 広島の大規模PCR「保留」 識者の受け止め分かれる

2021/2/11 10:27

 広島県の湯崎英彦知事が10日、「保留」を表明した広島市中心部でのPCR検査の集中実施―。流行の再拡大に備えて、約8千人を対象に限定的に試行して運用を確かめ、流行の兆候の監視も強化するという手法は、感染症の専門家や医療の現場にはどう映るのか。「妥当な判断」「検査では拡大を止められない」など意見が分かれた。
(ここまで 153文字/記事全文 1588文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

医療・健康の最新記事
一覧