くらし

退職後も料理しない夫

2021/2/20 18:48

 リタイアした夫(66)に自分の食事ぐらいは作ってもらいたいという広島市佐伯区の女性(62)からの相談です。

 「夫は仕事を辞めてからも全く料理をしません。私がパートからへとへとで帰ってきても、食事が出てくるのを待っています。何度か簡単なレシピを手取り足取り教えましたが、それっきり。包丁を握るのも嫌がります。人生100年時代、この先が思いやられます。夫を料理に目覚めさせる作戦や定年後に料理を始めた人の助言を聞きたいです」

 読者からの回答

★まず焼くだけから

 これまでずっと料理をしなかった人に、いきなりしろと言っても酷でしょう。まずは、休日にホットプレートで焼くだけの料理を一緒に始めてはいかがでしょうか。わが家も焼き肉からスタートして一緒にいろいろ作っているうちに、夫が料理好きになりました。今では自分が食べたい物を遊び感覚で作っています。私はもっぱら片付け役です。(岩国市・パート女性・67歳)

★男性向けの教室に

 私は退職後、男性向けの料理教室に通い始めて料理に目覚めました。月に1回の教室ですが、食べる前にはグループごとに出来栄えを比べたり、スマートフォンで写真を撮ったりします。写真は妻に見せて自慢することもあります。今では毎日の朝食は私の担当。私が支度している間に、妻は洗濯や他の家事をしています。(三次市・無職男性・74歳)

★当番制、手伝いなし

 私の夫も現役の時は全く料理をしませんでした。60歳の定年退職を機に、食事を当番制にしました。夫が担当の時に用意していなくても「今日はあなたの番」と手伝いませんでした。買った総菜でもよく、品数が少なくても、口に合わなくても文句を言わない、というルールにしています。(三原市・主婦・63歳)

★必要に迫られれば

 1週間ほど帰省するなどして、夫が1人で過ごさないといけない状態にしたらどうでしょうか。数日だと外食で済ませるかもしれませんが、毎日はしないでしょうし、必要に迫られたら簡単な料理をするようになるでしょう。私も、かつて母が病気で入院したのを機に作るようになりました。(広島市安芸区・自営業男性・53歳)

★時には手抜きして

 私の夫も全く料理をしません。定年退職後もしないと思います。わが家は、時間がある時に私がおかずを作り置きしていますが、仕事の日は、総菜を買って帰ったり、電子レンジで温めるだけの商品で済ませたりしています。手を抜きながらやっていきましょう。(呉市・パート女性・54歳)

★1品作れればよし

 私の夫は、焼きそばだけはおいしく作れます。ゆで麺にソースを絡めてしばらく置く、というこつを私が伝授して「作ってみる?」と投げ掛けたら、上手に作れたのがきっかけです。孫も褒めるので自信がつき、今では材料も自分で買ってきて作ります。他のメニューは作れませんが、1品でも作れればよし、としています。(広島市西区・給食調理員女性・65歳)

 係から

 約70件の投稿が寄せられました。「うちと同じ」「私のことかと耳が痛い」といった声も目立ちました。私の実家では、母の体調不良を機に父が台所に立つようになりました。孫の「おいしいよ」が励み、とのこと。きっかけと褒め言葉が大切なようです。(二井理江)

 【お答え待ってます】離婚した娘が戻り生活一変

 離婚して実家に戻った娘(32)との生活に悩む広島市安佐北区の女性(66)からの相談です。

 「一人娘が離婚し、新生児を連れて戻ってきました。今まで1人でのんびり過ごしてきた生活が一変。娘は働いていないのに家事をしようとしません。子育てについても意見が合わず、気の強い娘と口論になることもしばしばです。私は自由な時間がなくなり、ジムや映画にも行けません。心身ともにくたくたです。どうすればいいでしょうか」

 質問と回答の掲載者には図書カードをお送りします。匿名希望でも、住所、名前、職業、年齢、電話番号を明記してください。

 次回は3月7日の予定です。

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「よろず相談室」は、日頃もやもやするする悩みを毎回取り上げ、読者の皆さんから寄せられた「私はこうしている」「こんなふうにしたらうまくいった」など回答を紹介するコーナーです。あなたの悩みや回答をぜひお寄せください。

  • 郵送

    〒730-8677広島市中区土橋町7-1
    中国新聞「よろず相談室」係

    ファクス

    中国新聞「よろず相談室」係
    082-291-5828
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よろず相談室の最新記事
一覧

  • 友人の結婚式断り気まずく (6/5)

     コロナ禍の中、友人の結婚式を断り、気まずくなった広島市安佐北区の主婦(38)からの相談です。 「隣県の友人が3月に結婚し、少人数のガーデンパーティーに招待されました。自分が感染して高齢の親にうつした...

  • お祝いをしても返礼がない (5/22)

     お祝いをしても返礼がないことに戸惑う呉市の非常勤講師女性(39)からの相談です。 「ここ最近、知人家族の出産や結婚が相次ぎ、ご祝儀やプレゼントを贈りました。お礼の言葉はありましたが、お返しに当たる『...

  • 友人の孫自慢、うんざり (5/8)

     友人の孫自慢に閉口する広島市の70代主婦からの相談です。 「友人は自分の幼い孫をやたら自慢します。無料通信アプリLINE(ライン)で写真や動画を続けて送ってきて、気がめいりそう。会ったこともない子ど...

  • 【拡大版】自転車マナー、注意点は (4/17)

     いつもの自転車の乗り方が歩行者の迷惑になっていないだろうか―。広島市西区の会社員男性(27)からの相談に60件を超す意見が寄せられました。あらためて自転車の運転マナーをおさらいしながら、今回は拡大版...

  • 夫の会社の「夫人会」が嫌 (4/3)

     夫(56)の会社の「夫人会」という組織に悩む広島県の会社員女性(45)からの相談です。 「夫の会社には、男性管理職の妻でつくる夫人会があります。食事会や夫の仕事を支える方法を学ぶ研修会がありますが、...