くらし

鳥取県が過疎地などにネット接続車派遣へ 診療や行政サービス提供のモデル事業

2021/3/2 11:49

 鳥取県は2021年度、移動手段や生活サービスが乏しい過疎地域などに、インターネットへの常時接続機能を備えた車両「コネクテッドカー」を派遣し、行政や医療など多様な住民サービスを行うモデル事業を始める。行政職員や看護師が車両で現地に出向き、役所や医療機関とオンラインで結ぶ方式。全国の自治体では初めての試みという。
(ここまで 156文字/記事全文 505文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

医療・健康の最新記事
一覧