くらし

重い副作用、血液で予測へ 食道がん放射線治療で広島大原医研など

2021/3/23 20:31
放射線治療の副作用で炎症を起こした食道(広島大原爆放射線医科学研究所提供)

放射線治療の副作用で炎症を起こした食道(広島大原爆放射線医科学研究所提供)

 ▽照射初期、リンパ球異常増える傾向

 広島大原爆放射線医科学研究所(広島市南区)などの研究グループが、食道がんの放射線治療をしたときに重い副作用の出る人は、治療初期に血液中のリンパ球で染色体異常が増える傾向があることを突き止めた。副作用の出やすさを簡易な血液検査で予測する手法や、患者個人の放射線への感受性に応じた治療への応用を目指す。
(ここまで 168文字/記事全文 749文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧