くらし

【あこがれ山暮らし〜北広島から 束元理恵】<46>のぶしんさん

2021/3/27 18:55
地域の山々は、のぶしんさんという弔いの場だったそう。見渡しながら当時に思いをはせた

地域の山々は、のぶしんさんという弔いの場だったそう。見渡しながら当時に思いをはせた

 ▽地域で故人弔う習わし

 最近、近所の人に聞いた話で気になったことがあります。それは「のぶしんさん」。誰かが亡くなったとき、遺体を近くの山で火葬する当番のことです。私が暮らす地域では、戦後すぐまであったのだそうです。
(ここまで 108文字/記事全文 844文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

あこがれ山暮らしの最新記事
一覧