くらし

<59> 味のある店 軍鶏(広島市中区大手町5丁目5の11 片山ビル1階)

2021/3/27 19:50

 ▽熟練コンビ 心も満たす

 ひげがトレードマークの店主・真藤正勝さん(65)が黙々と調理し、榎本秀一さん(75)が配膳と接客を担当する。江田島市で飼育される「一黒軍鶏(しゃも)」や名古屋コーチンを使った鶏料理はどれも絶品だ。

 名物のシャモ会席のほか、「とさか」「かかと」などの希少部位が堪能できる串焼きと一品料理も充実している。かわいいデザインのビールグラスや、帰りに渡される手作りの包みに入った一口菓子など、細やかなセンスがあちこちに光る。

 真藤さんは元力士の兄が営むちゃんこ鍋店をはじめ、多くの飲食店で経験を積み、3年前に独立した。きっかけは一黒軍鶏との出合い。歯ごたえがある締まった肉質とジューシーな味にほれ込み、江田島の業者から仕入れている。

 お好み焼き店のアルバイト仲間だった榎本さんとは互いに釣り好きで意気投合。引退するつもりだった榎本さんを店に誘った。手際の良さや接客力がとても頼りになるそうだ。榎本さんも真藤さんのシャモへの情熱に心を動かされ、支えていこうと決めた。経験に裏打ちされた料理とサービス、2人の信頼関係が味のある空間をつくり出している。

 ◇

 「居酒屋人めぐり」は今回で終わります

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新久千映の居酒屋人めぐりの最新記事
一覧