くらし

独自助成30万円に倍増 広島県世羅町、体外受精・顕微授精で

2021/4/6 15:50

 広島県世羅町は2021年度、体外受精と顕微授精への独自の助成上限を30万円に倍増させる。所得制限を撤廃するなど国が助成制度を手厚くするのに合わせ、町独自の支援も広げて高額な治療の経済的負担を減らす狙い。
(ここまで 102文字/記事全文 535文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

医療・健康の最新記事
一覧

  • 防護服などを福山市に寄付 アパレルアイ (4/10)

     衣料品企画販売のアパレルアイ(福山市神辺町)は9日、防護服とフェースシールドを福山市に寄付した。市は、高齢者施設などでの新型コロナウイルスの感染拡大防止策に活用する予定。

  • 5月10日に接種開始 周南市、高齢者ワクチン 新型コロナ (4/10)

     周南市は9日、高齢者に向けた新型コロナウイルスのワクチン接種の日程を発表した。26日から電話とウェブで予約を受け付け、5月10日から順次、集団接種と個別接種を始める。6月末までに約3万4千人が1回目...

  • 高齢者接種4月24日から順次 広島県安芸郡4町、開始日程決まる (4/9)

     広島県の安芸郡4町は、高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種の開始スケジュールを固めた。最も早い熊野町が24日からで、そのほかの3町も25日から5月10日にかけて順次始める。府中町は、商...

  • 尾道市、高齢者485人にワクチン接種 4月18日から先行 (4/9)

     尾道市は18日から、新型コロナウイルスのワクチンを65歳以上の485人に先行して接種する。民生委員、保健推進員をはじめ、病院や高齢者施設が選んだ高齢者を優先する。

  • 大田市の変異株感染、広く検査へ 島根県 (4/9)

     島根県が8日、新型コロナウイルスの変異株の感染を発表した大田市の60代の男女2人は、県外の感染拡大地域で滞在歴があった。同居の家族で、感染させる可能性が高い期間中は自宅で過ごしており、接触者は約40...