くらし

<お題>担任が苦手 子どもをどう支える?

2021/4/12 19:48

 4月は学校や幼稚園、保育園などで、子どもが新しい担任の先生と出会う季節です。苦手な先生になったときは、親子でがっかりする場合もあるようです。子どもと相性が合わない▽コミュニケーションが取りにくい▽わが子の良さを分かってもらえず叱ってばかりに感じられる▽厳し過ぎる―など悩みはさまざま。そんな先生が担任になった場合、家庭では子どもをどう支えたらいいでしょう。先生との付き合い方のこつも教えてください。

 ▽読者から

 ■いつでも味方に

 息子は幼稚園の年長のときに担任に手を引っ張られて怒られたショックで、一時期は教室に入れなくなりました。教頭先生の指導も担任は聞き入れないようでした。私は自分が味方であると息子に伝え続けました。担任に怒られないように「友達がふざけていても、あなたは調子に乗り過ぎないでね」と教え、身を守らせました。(呉市・主婦・36歳)

 ■寄り添う言葉を

 中学生の娘と小学生の息子は、先生の言動に納得できないときは私に教えてくれます。先生がやんちゃな子の服を引っ張って「おまえはばかか」と言う姿を見た息子は怖がっていました。私はしんどさを受け止めるため、「言葉で相手を傷つけたらいけないね」と寄り添います。子どもはすっきりした顔になります。(広島市安佐南区・主婦・36歳)

 ■家では叱らずに

 小学生と幼稚園児の3人を育てています。先生は一生懸命に指導してくれますが、ずばずばと厳しい口調の人もいて、大人の私もびくびくすることがあります。子どもが「先生が怖いから行きたくない」と登園を渋るときは、子どもも心が疲れているはずです。家ではあまり?らず親に甘えられるようにします。(福山市・パート女性・36歳)

 ■長所を教えよう

 子どもは先生について「暗い」「厳しい」と悪く言うときもあります。そんなときに私は、先生の長所に気付けるように「こんな良いところもあるよね」と伝えました。子どもは素直なので、親と同じように先生の良いところを見ようとするようになります。その方が子どもと先生の関係も良好になりますよ。(広島市西区・主婦・52歳)

 ■長い目で見守る

 習い事教室を開き、多くの子どもに接してきました。子どもの先生に対する評価はころころ変わります。褒められたら好きに、叱られると嫌いになります。親は、子どもが下す評価にいちいち引きずられることなく、先生と子どもの関係を長い目で見守ることが大事です。その上で先生の態度がおかしいと感じたら学校に相談してはどうですか。(廿日市市・自営業女性・55歳)

 ■連絡帳で対話を

 小学生の2児がいます。子どもの様子がいつもと違うとき、親は先生に対応を期待しがちです。先生が忙しくて異変に気付けずに対処がないと、親は裏切られた気になります。私は先生が対応をしやすいように、子どもが大変なときは様子を連絡帳で伝えます。友達とトラブルになったり、新学期前に過度に緊張したりしている場合です。返事をもらうと、先生への安心感が親子とも高まります。(広島市佐伯区・主婦・41歳)

 ▽専門家から

 ■一緒に悩む姿勢が力に 広島大付属教育実践総合センター「にこにこルーム」相談員 エリクソン・ユキコさん(東広島市)

 子どもが担任を嫌う原因はさまざまです。その時の状況や子どもの性格などによってケースバイケースですが、担任の態度や雰囲気が何となく苦手な場合、親が「つらいね」と一緒に悩む姿勢を持つと、子どもは乗り切る力が出ます。

 特定の出来事を機に嫌うこともあります。「同級生の物がなくなり、犯人にされた」などです。親は子どもから状況を聞き、「子どもはどう感じたのか」に耳を傾けます。怒りを訴えるようなら「あなたが先生を嫌いになっても無理はない」と肯定します。心を静めるグッズを学校に持たせるのも一つの方法です。ハンカチやキーホルダーがお薦め。好きなキャラクター付きのものなどが安心につながりますよ。

 親が担任を批判するのは控えましょう。子どもの「嫌い」を強化し、先生の良い面にまで気付きにくくなります。

 担任が原因で行き渋りや不登校の兆しがあれば、素早い対応が必要です。まずは担任に連絡。「子どもが感じているつらさ」を伝え、改善してもらいます。対応がみられないときは教頭に事情を伝え、学校として動いてもらいましょう。

 ▽担当記者から

 「子どもからあいさつすれば先生から返事があるはず。毎日繰り返せば、好きにはなれなくとも『嫌い』は消えるのでは」という意見もありました。数々の投稿から、親子であれこれ対策を考えて、活路を見いだそうとする姿がうかがえました。(治徳貴子)


▽次回のお題は 自分へご褒美、3万円何に使う?

 5月は母の日、6月には父の日がやってきます。子育て真っただ中のお母さん、お父さん。いつも子どものことばかりを最優先にして、自分のための時間やお金が後回しになっていませんか。例えば、自分だけに使える3万円をもらえるとしたら何に使いますか。お金をかけずに自分へご褒美をあげる方法もきっとあるでしょう。「子どもの笑顔が一番のご褒美」と言いたい人も多いでしょうが、今回はあえて親を主役に据え、想像を膨らませてみてください。

この記事の写真

  • 広島大付属教育実践総合センター「にこにこルーム」相談員 エリクソン・ユキコさん(東広島市)
  • 抱っこひもが大好き=遥(はるか)ちゃん、福山市

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「子育てカタリバ」は、乳幼児の子育てや仕事と育児の両立などについて、率直に語り合う場にしていきたいと思います。無料通信アプリLINE(ライン)で投稿ができる「中国新聞くらし」のアカウントもできました。郵送やメール、ファクスでの投稿もお待ちしております。

  • 郵送

    〒730-8677広島市中区土橋町7-1
    中国新聞「子育てカタリバ」係

    ファクス

    中国新聞「子育てカタリバ」係
    082-291-5828
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

子育てカタリバの最新記事
一覧

  • <お題>自分へのご褒美、3万円何に使う? (5/10)

     5月は母の日、6月には父の日がやってきます。子育て真っただ中のお母さん、お父さん。いつも子どものことばかりを最優先にして、自分のための時間やお金が後回しになっていませんか。例えば、自分だけに使える3...

  • <お題>担任が苦手 子どもをどう支える? (4/12)

     4月は学校や幼稚園、保育園などで、子どもが新しい担任の先生と出会う季節です。苦手な先生になったときは、親子でがっかりする場合もあるようです。子どもと相性が合わない▽コミュニケーションが取りにくい▽わ...

  • <お題>男女の「らしさ」押し付けないために (3/15)

     森喜朗元首相が女性蔑視発言で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長を退きましたが、性差別や性別役割分担の意識をなくすには教育も大切といわれます。男は男らしく、女は女らしく振る舞うことを社会から押...

  • <お題>「ペット飼って」と言われたら (2/15)

     新型コロナウイルス感染拡大の影響が続いて子どもがイベントに参加したり友達と遊んだりするのが難しい中、子どもにせがまれてペットを飼うことを検討する家庭もあるでしょう。ただ、散歩や餌やりなどの世話に子ど...

  • <お題>きょうだい、平等に愛せている? (1/11)

     「きょうだいを平等に愛せていないのではないか」と自分を責め、戸惑うことはありませんか。親と同じ短所がある子どもが何となく疎ましいとか、甘え上手な子どもばかりをかわいく感じてしまうケースがあるようです...