くらし

高齢者への個別接種は週6000人対応 コロナワクチンで山口市

2021/4/21 11:58

 山口市は20日、5月10日に始める新型コロナウイルスワクチンの高齢者への本格接種の概要を発表した。かかりつけ医での個別接種は約100医療機関が週約6千人に対応し、集団接種は2カ所で月約400人に接種できる態勢で始める。
(ここまで 110文字/記事全文 376文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

医療・健康の最新記事
一覧

  • 医療費引き上げ、7割近く「負担」 広島で調査の75歳以上 (5/15)

     一定の収入がある75歳以上の医療費窓口負担を2割にする医療制度改革関連法案の国会審議を踏まえて、広島中央保健生協(広島市西区)は医療費負担を巡るアンケートをし、結果をまとめた。回答者のうち75歳以上...

  • 5月感染者、はや前月超え 島根県内、「第4波」本格化 (5/15)

     島根県内で5月に発表した新型コロナウイルスの感染者数が14日夕現在で計67人となり、4月の計60人を早くも超えた。13日には、益田市のカラオケ喫茶と松江市の飲食店でクラスター(感染者集団)の発生が明...

  • PCRの特設会場中止 広島県、検査能力が不足 (5/15)

     広島県は14日、新型コロナウイルスのPCR検査キットを無料で配布、回収する試みを、JR広島駅(広島市南区)や福山駅(福山市)など県内の特設全7会場で中止した。感染拡大で検査能力が不足しているため。配...

  • 三原市が「認知症賠責」契約 広島県内初、保険料を全額負担 (5/14)

     ▽高齢者や家族の不安軽減 認知症のお年寄りが不慮の事故で人をけがさせたり物品を壊したりしてしまった際の賠償リスクに備え、三原市は本年度から民間の「認知症高齢者個人賠償責任保険」を契約する。希望者を登...

  • ワクチン5回分廃棄 山口市、希釈液足りず (5/14)

     山口市は13日、市内の医療機関が12日に新型コロナウイルスワクチン5回分を廃棄したと発表した。希釈用の生理食塩液の分量が少な過ぎて使えなくなったため。ワクチンを注射器に充填(じゅうてん)した時に気が...