くらし

ダイキンと鳥取大、乾地空調共同研究で協定

2021/4/24 10:44

 鳥取大とダイキン工業(大阪市)は23日、砂嵐が多い乾燥地に適した空調システムの開発などを目指した共同研究を進める包括連携協定を締結した。ダイキンは今後10年間で総額10億円の研究資金を拠出する。
(ここまで 98文字/記事全文 264文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

医療・健康の最新記事
一覧

  • 三原市が「認知症賠責」契約 広島県内初、保険料を全額負担 (5/14)

     ▽高齢者や家族の不安軽減 認知症のお年寄りが不慮の事故で人をけがさせたり物品を壊したりしてしまった際の賠償リスクに備え、三原市は本年度から民間の「認知症高齢者個人賠償責任保険」を契約する。希望者を登...

  • ワクチン5回分廃棄 山口市、希釈液足りず (5/14)

     山口市は13日、市内の医療機関が12日に新型コロナウイルスワクチン5回分を廃棄したと発表した。希釈用の生理食塩液の分量が少な過ぎて使えなくなったため。ワクチンを注射器に充填(じゅうてん)した時に気が...

  • 尾道市、大半の公共施設が休館か利用不可 14日から (5/14)

     尾道市は13日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、美術館や図書館を除く市立の公共施設を14日から休館または利用不可にすると決めた。予約済みで中止や延期ができない場合は、感染防止対策を講じた...

  • ワクチン集団接種会場、安芸津町を追加 東広島市 (5/14)

     東広島市は、高齢者への新型コロナウイルスワクチンの集団接種について、市役所、東広島消防署に加え、安芸津町内に新たに会場を設ける。個別接種に対応できる町内の医療機関が少ないことなどを踏まえた。場所は未...

  • 職員がコロナ感染、窓口を一時閉鎖 東広島市役所 (5/14)

     東広島市は12日夜、市民課職員の50代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。市役所本庁舎1階でマイナンバーの申請窓口を担当しており、市は13日、同課の窓口を閉鎖。安全性が確認されたとして、1...