くらし

BTSの完コピダンス動画、126万回再生 東広島の女子中学生

2021/4/25 11:00
投稿動画が人気となっている「ダイナマイト」を披露するダンス部員(撮影・山田太一)

投稿動画が人気となっている「ダイナマイト」を披露するダンス部員(撮影・山田太一)

 ▽コロナ禍で大会中止 でも躍動止めない

 近畿大付属広島中・高東広島校(東広島市)のダンス部の女性部員が、動画サイト「ユーチューブ」に投稿したダンスが異例の人気となっている。韓国の男性音楽グループの振り付けを完全コピーし、昨年末以降の再生は126万回(22日時点)に達した。「こんなに見てもらえるとは」。新型コロナウイルス禍の中で始めた取り組みが思わぬ反響を呼び、部員は驚き、喜んでいる。

 踊ったのは、グラミー賞にもノミネートされた「BTS(防弾少年団)」のヒット曲「Dynamite(ダイナマイト)」。昨年12月24日に体育館で開いたライブで、当時中学3年の7人が「完コピ」ダンスを披露し、映像を公開した。すると「上手すぎ」「本当に中学生?」と話題に。韓国や米国、台湾からのコメントも多い。

 7人は、2019年の全国大会で2位になったメンバーでもある。昨年は「中学最後は日本一、そして世界大会へ」と意気込んでいたが、コロナ禍で大会が中止に。木下野々花(ののは)さん(15)は「どう努力したらいいのか分からなくなった」と振り返る。

 発表の場として活用したのが、昨年4月に開設した同部のユーチューブチャンネルだった。部員たちで話し合って「完コピ」動画の配信を決めた。ダイナマイトでは、BTSメンバーの足の上げ方の癖も意識してまねたという。

 再生回数は今も伸び続けている。100万回直前は毎日カウントダウンし、顧問や親と一緒に喜んだという。「千回、1万回でもうれしかった。ここまでなるなんて」と間葵衣(はざま・あおい)さん(16)は驚く。次は5月に東広島市である自主公演を投稿する予定で、多くの反響に期待している。(高本友子)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧