• トップ >
  • くらし >
  • くらし >
  • 野外バーベキュー「来たときよりも美しく」 芝の焼け焦げ見つかったケースも

くらし

野外バーベキュー「来たときよりも美しく」 芝の焼け焦げ見つかったケースも

2021/4/24 19:47
本川沿いの緑地でバーベキューを楽しむ夫婦(広島市中区)

本川沿いの緑地でバーベキューを楽しむ夫婦(広島市中区)

 コロナ禍の中で3密を避け、河川敷や公園でバーベキューをする人が目立ってきた。家族だけなど少人数なら新型コロナウイルスの感染リスクも低く抑えられそうだ。ただ、今月中旬には広島市内で、公園の芝生が焼け焦げた「じか火」の跡が見つかるトラブルもあった。野外バーベキューでは、どんなことに気を付ければよいのだろう。

 【関連】河川敷の芝で「じか火」跡が見つかった

 まず、どんな場所ならバーベキューをしてもよいのだろうか。広島市によると、市内の公園や緑地では、平和記念公園と広島城周辺(いずれも中区)を除いて楽しめる。ただ、小さな公園などでは、煙やにおいが近隣住民の迷惑になったり、公園利用者の邪魔になったりすることがあるという。夜間に騒ぐ行為も苦情につながりがちだ。市の担当者は「迷惑行為にならないよう場所や時間を選んでほしい」と呼び掛ける。

 ▽条例違反になってしまう
(ここまで 379文字/記事全文 1240文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 店頭にはバーベキューとたき火の両方を楽しめる台が並ぶ(広島市安佐南区のアポリト広島)
  • グラフィック・末永朋子
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧