くらし

不妊治療助成金を二重払い 周南健康福祉センター

2021/5/7 11:31

 山口県は6日、周南健康福祉センターで不妊治療費の助成金を二重払いしたと発表した。受給者75人に対し183万1700円多く払っていた。全員に連絡して返還を求める。
(ここまで 81文字/記事全文 309文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

医療・健康の最新記事
一覧

  • 「ワクチン接種の財源支援を」 全国知事会で広島知事 (6/20)

     全国知事会が19日に開いた新型コロナウイルス対策本部のオンライン会合で、広島県の湯崎英彦知事は、ワクチンの職場・大学接種では都道府県の役割が重要になると訴えた。中小企業の連携を仲介したり、県が主体と...

  • 山口県集中対策、6月20日終了 県外移動自粛要請は継続 (6/19)

     村岡嗣政知事は18日の新型コロナウイルス対策会議で、集中対策を予定通り20日で終えると決めた。県内での外出を半減してもらうなどの要請を取り下げ、感染が収まっていない県外の地域への移動は、引き続き控え...

  • ワクチン、1人に誤って3回接種 岩国市発表 (6/19)

     岩国市は18日、新型コロナウイルスのワクチンを市民1人に誤って3回接種したと発表した。規定の2回を済ませていたが、市内の医療機関が17日に本人確認を十分せず接種していた。健康被害は「ない」という。市...

  • 日本人従業員への接種スタート 米軍岩国基地 (6/19)

     米軍岩国基地(岩国市)は18日、基地内の日本人従業員に新型コロナウイルスワクチンの接種を始めた。基地と中国四国防衛局によると、基地の体育館で米モデルナ製のワクチンを打った。米軍の情報を基に防衛省が接...

  • 島根県内、職場接種初承認は4件 出雲の企業・専門学校 (6/19)

     島根県内で企業や大学などでの新型コロナウイルスワクチンの職場接種が14日午後現在で、国に初めて4件承認された。いずれも出雲市内の企業と専門学校で7月から接種を始める。