くらし

療養者ホテルを確保へ 広島知事、1450室まで上積み方針

2021/5/12 13:54

 広島県での新型コロナウイルス感染者の急増で、湯崎英彦知事は11日、療養が必要な人の増加に合わせて宿泊施設を確保できるとの見通しを示した。「部屋がなくて入れないのは極力避けたい。感染者が増える予測をしているが、部屋数は何とか帳尻が合うように進めている」と述べた。今月下旬までに1450室まで上積む方針でいる。
(ここまで 154文字/記事全文 482文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

医療・健康の最新記事
一覧