くらし

お祝いをしても返礼がない

2021/5/22 20:56

 お祝いをしても返礼がないことに戸惑う呉市の非常勤講師女性(39)からの相談です。

 「ここ最近、知人家族の出産や結婚が相次ぎ、ご祝儀やプレゼントを贈りました。お礼の言葉はありましたが、お返しに当たる『内祝い』がないのです。私は母から『返礼はきちんとしなさい』と教えられてきたので、出産などでお祝いを頂いた人には必ずお菓子を贈っています。最近の返礼の習慣はどうなっているのでしょう。皆さんの体験や意見を聞きたいです」

 読者からの回答

★あれば「ラッキー」

 お気持ち分かります。私も大正生まれの母から同じように教わりましたが、最近は受取人の考え方も多様化しています。「おめでとう」や「ありがとう」の気持ちを贈りたいのだと自分に言い聞かせています。返礼がきたら「ラッキー」くらいに考えるか、返礼しなくてもいい金額の物を贈ってはどうでしょう。(三原市・主婦・63歳)

★寛容な姿勢でいて

 香典返しと違って、結婚や出産祝いの「内祝い」への考え方は人それぞれかもしれません。返礼の習慣がない家庭もあります。お礼の言葉があっただけ良しとして「受け取ってくれてありがとう。この付き合いを末永くね」という寛容な姿勢でいたらストレスもたまりませんよ。(広島市東区・主婦・72歳)

★贈るルール決めて

 私も同じ考え方でしたが、返礼を期待している自分にも浅ましさがあることに気付き、お祝いを贈るルールを決めました。返礼を期待しないことと、返礼がないと腹を立てる相手には最初からお祝いをしない―です。自分の常識が相手の常識でないこともあると割り切るようにしました。(呉市・会社員男性・57歳)

★ドライな若者多い

 私も母から「半返し」という言葉はよく聞いていました。でも若い頃、入院の見舞いを頂いたのに快気祝いをどう返したらよいか悩み、そのままにした経験があります。年を重ねた今なら進物店で相談して見合うものを送りますが、当時は知識もありませんでした。若い世代はこうした風習にドライなので、贈り物をしなくても気にしない人が多いのではないでしょうか。(廿日市市・公務員女性・52歳)

★時代そぐわぬ虚礼

 「内祝い」そのものが時代遅れの虚礼です。役立ててほしいと思って渡した半分の額が返ってくると「無駄になった」と感じてしまいます。リサイクル店の大量のギフトセットを見ると、無駄な返礼品の多いこと。もらう方も好みがあるので「ありがた迷惑」ということになりかねません。(広島市安佐北区・主婦・58歳)

★メッセージ程度に

 私は必ず、贈り物への「返礼はしないで」と伝えています。相手に時間とお金を使わせるのは申し訳ない。かつて出産祝いを頂きましたが、今ほどネットで返礼の品を選べる時代ではなく正直、負担になりました。産後は親子でゆっくり過ごしてほしい。お祝いはメッセージ程度にしてはどうでしょう。(広島市安佐南区・パート女性・52歳)

 係から

 70通を超える反響が届く、関心の高いテーマでした。「返礼を期待せず、本当に祝いたい人に限定して贈り物をする」という意見が目立ちました。相手から祝い事の報告があった場合だけ贈るとの声も。価値観が多様になる時代、「内祝い」の在り方も変わるかもしれません。(ラン暁雨)

 【お答え待ってます】友人の結婚式断り気まずく

 コロナ禍で友人の結婚式を断り、気まずくなった広島市安佐北区の主婦(38)からの相談です。

 「隣県の友人が3月に結婚し、少人数のガーデンパーティーに招待されました。自分が感染して高齢の親にうつしたら大変なので、悩んだ末、1週間ほど前に欠席すると伝えました。でも不義理と思われたのか、その後の関係がぎくしゃくしています。直前の欠席は失礼だったのでしょうか。皆さんならどうしますか。上手な断り方や関係修復の仕方はありますか」

 質問と回答の掲載者には図書カードをお送りします。匿名希望でも、住所、名前、職業、年齢、電話番号を明記してください。

 次回は6月6日の予定です。

  • 「よろず相談室」は、日頃もやもやするする悩みを毎回取り上げ、読者の皆さんから寄せられた「私はこうしている」「こんなふうにしたらうまくいった」など回答を紹介するコーナーです。あなたの悩みや回答をぜひお寄せください。

  • 郵送

    〒730-8677広島市中区土橋町7-1
    中国新聞「よろず相談室」係

    ファクス

    中国新聞「よろず相談室」係
    082-291-5828
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

よろず相談室の最新記事
一覧

  • 高齢の父親、運転やめるよう説得してもきかない (9/25)

     高齢の親の車の運転に悩む広島市安佐北区の50代のパート女性からの相談です。

  • 就職活動に逃げ腰の息子 (9/11)

     息子のことを心配する広島市安佐南区の飲食店従業員女性(49)からの相談です。 「20代の息子は、昨年春に大学を卒業しましたが、正社員としての就職先が決まらずフリーターをしています。再度、就職活動を促...

  • 風鈴の音、苦情言いづらい (8/28)

     ご近所の音に悩む広島県北部の40代会社員女性からの相談です。 「近所の人が一年中、家の外に風鈴をつるしています。風の強い日は、ずっとリンリンと鳴っていて、耳障りでストレスになっています。つるしている...

  • 【拡大版】夏の生ごみ、臭い対策は (8/14)

     暑さが続く夏は、生ごみの臭いが気になる―。広島市西区の40代パート女性からの相談に、約120件の回答が寄せられました。今回は、拡大版でお伝えします。

  • 自治会費で飲み会、違和感 (7/31)

     自治会の飲み会にうんざりしている広島市安佐北区の会社員男性(45)からの相談です。