• トップ >
  • くらし >
  • くらし >
  • 途切れぬ重症者「災害級の事態」 コロナ禍・大阪でケア、広島記念病院の酒井看護師長が語る

くらし

途切れぬ重症者「災害級の事態」 コロナ禍・大阪でケア、広島記念病院の酒井看護師長が語る

2021/6/15 20:15
大阪の病院の写真を掲げ、現地の様子を語る酒井さん(広島市中区の広島記念病院)

大阪の病院の写真を掲げ、現地の様子を語る酒井さん(広島市中区の広島記念病院)

 ▽防護服着込み汗だく/家族のみとり支える

 新型コロナウイルスが猛威を振るい、一時は医療体制が崩壊の危機にあった大阪府には、全国各地の医療者が応援に入っている。広島記念病院(広島市中区)の看護師長、酒井美明さん(40)は先月、現地入りした一人だ。2週間にわたり、重症者のケアに当たった。酒井さんが目にした大阪の実情とは―。
(ここまで 161文字/記事全文 893文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧