• トップ >
  • くらし >
  • くらし >
  • 自衛隊医官、奇跡呼ぶ決断 石高健次さん「コロナ下の奇跡」南々社から刊行

くらし

自衛隊医官、奇跡呼ぶ決断 石高健次さん「コロナ下の奇跡」南々社から刊行

2021/7/20 20:39
「自衛隊中央病院が起こした奇跡を多くの人に知ってもらいたい」と話す石高さん=広島市中区(撮影・田中慎二)

「自衛隊中央病院が起こした奇跡を多くの人に知ってもらいたい」と話す石高さん=広島市中区(撮影・田中慎二)

 新型コロナウイルス感染症患者の命を救ってきたステロイド薬―。世界中で治療法を模索していた1年半前、ステロイドの使用に先鞭(せんべん)をつけたのは自衛隊中央病院(東京)だった。「風通しの良い組織だから起こせた奇跡です」。自衛隊の医官たちのひと模様に焦点を当てた「コロナ下の奇跡」を南々社(広島市東区)から刊行したジャーナリスト石高(いしだか)健次さん(70)=大阪府=はそう強調する。

 ▽2700人の隊員、一人も感染せず…
(ここまで 207文字/記事全文 1058文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 四六判、235ページ、1650円
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧