くらし

コロナとインフルエンザワクチン、接種の間隔ご注意

2021/10/5 19:40
溝口院長奄ゥら新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける中学生

溝口院長奄ゥら新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける中学生

 朝晩の冷え込みが徐々に強まる中、インフルエンザの流行に備えワクチン接種を考え始めた人もいるのでは。今年は新型コロナウイルスのワクチン接種も進んでおり、2種類のワクチンの接種時期が重なりかねない。両方を接種してもいいのか。注意すべき点はあるのか。専門家に聞いた。(馬上稔子)

【関連】ワクチン3回目、12月にも開始 広島県

 「両方打っても問題ありません」と話すのは、広島県小児科医会の予防接種・感染症対策委員長を務めるすくすくキッズクリニック(広島県府中町)の溝口信行院長。乳児の定期接種でも複数の不活化ワクチンを同時接種することを例に、「コロナとインフルエンザの場合も、副反応がひどくなったり、効果が弱まったりすることはないでしょう」と解説する。

▽「間隔が確保できるよう…」
(ここまで 334文字/記事全文 1356文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧