• トップ >
  • くらし >
  • くらし >
  • 医療的ケア児の通学支援急いで 広島県立校、バスに看護師ら配置なし 送迎の負担重く 保護者悲鳴

くらし

医療的ケア児の通学支援急いで 広島県立校、バスに看護師ら配置なし 送迎の負担重く 保護者悲鳴

2021/10/12 21:23
靖葉さん(右)の車で学校に通う志津音さん

靖葉さん(右)の車で学校に通う志津音さん

 広島県内で、たんの吸引などの医療的ケアが必要な児童・生徒の親たちから通学支援を求める声が上がっている。登下校時に医療の支援を受けられず、保護者が1人で送迎したり、通学を諦めたりするケースがあるためだ。9月18日施行の「医療的ケア児支援法」は、児童と家族の支援は国と自治体の「責務」とする。早急に支援の在り方を議論する必要がある。

【社説】医療的ケア児 支援を社会の「責務」に
(ここまで 186文字/記事全文 1439文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧