くらし

死後に恩返し 「遺贈寄付」への関心じわり

2021/11/4 20:18
広島市への遺贈を準備する女性。ライフワークの語り部活動で使う資料を手に、平和を願う(広島市中区)

広島市への遺贈を準備する女性。ライフワークの語り部活動で使う資料を手に、平和を願う(広島市中区)

 自らの死後に、遺産の一部か全てを団体や自治体へ寄付する「遺贈寄付」に、中国地方の高齢者の関心がじわりと高まりつつある。お世話になった母校や病院、愛着ある町の発展に資産を役立てたいと考える人のための制度で、受け入れ態勢を整える団体も出ているが、実例はまだ少ない。

【関連】「庭じまい」で心もすっきり 年齢重ね手入れ重荷に

【関連】晩年つづるノート 広島県内の市町が相次ぎ作成

 ▽佐々木禎子さんの同級生だから...
(ここまで 201文字/記事全文 1385文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • グラフィック・本井克典
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧