くらし

「空き家に集まれ」 坂のまち・尾道に移住の大谷さん、奮闘中

2022/1/8 19:38
柱の補強などを進めた迷宮堂の改修では、作業に携わった人同士のつながりが生まれた

柱の補強などを進めた迷宮堂の改修では、作業に携わった人同士のつながりが生まれた

 ▽16日から本紙連載 コミュニティーの在り方探る

 坂のまち・尾道市で、譲り受けた斜面の空き家を、さまざまな人が寄り集まる拠点にしようと奮闘している移住者がいる。まちづくり活動やライターをしている大谷悠さん(37)。古い木造家屋の改修は、仲間を募り、つながりを広げて挑んだ。悪戦苦闘ぶりをつづる「坂道の空き家から」を16日から毎週日曜に連載する大谷さんに、いきさつや思いを聞いた。(田中謙太郎)
(ここまで 197文字/記事全文 1754文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 「迷宮堂」と名付けた改修中の自宅の前で、苦労や展望を語る大谷さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

くらしの最新記事
一覧