トピックス

両陛下が広島訪問 被災住民と懇談

2014/12/4 11:08

土砂災害の現場を視察される両陛下=広島市安佐南区八木3丁目(撮影・浜岡学)

 天皇、皇后両陛下は3日、広島市安佐南区を訪れ、8月20日に起きた土砂災害の現場を視察し、被災者にお見舞いの言葉を掛けられた。4日は、来年の戦後70年を前にした「慰霊の旅」の一環で、中区の平和記念公園を訪れる。両陛下の広島入りは1996年10月以来、18年ぶり。

 両陛下はこの日、羽田発の特別機で広島空港(三原市)に到着。湯崎英彦知事たちの出迎えを受けた。専用車で安佐南区役所に移動。松井一実市長から土砂災害の発生当時の状況や、復旧工事の進み具合について説明を聞かれた。

 その後、被害の大きかった同区八木3丁目の県営住宅周辺へ。被災した家屋を取り壊した跡を見ながら、「ここにも建物があったのですか」と市消防局の滝沢宏二局長に質問。土石流が流れた山際へ向かって、深々と頭を下げられた。

 11月28日まで避難所に使われた同区緑井6丁目の佐東公民館では、集まった安佐南、安佐北両区の被災者10人と懇談。家族を失った悲しみの声や避難生活の現状に聴き入られた。皇后さまは「お大事になさってくださいね」といたわった。

 両陛下は4日、平和記念公園で原爆慰霊碑へ花を手向けられる。安芸区の原爆養護ホーム「矢野おりづる園」では、入所している被爆者と懇談した後、帰京の予定。

 宮内庁によると、両陛下は土砂災害の発生当初から被災地を気に掛け、早期の訪問を希望されていたという。11月には、両陛下から県に見舞金が贈られている。(和多正憲)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島土砂災害の最新記事
一覧

  • 3市6小学校区の基礎調査公表 土砂災害防止法で広島県 (6/30)

     広島県は土砂災害防止法に基づき、広島、尾道、三次の3市の計6小学校区での基礎調査の結果をまとめた。 西区山田▽安佐北区久地▽佐伯区湯来西▽尾道市旧田熊▽三次市甲奴、小童―の各小学校区。崖崩れと土石流...

  • ひょっとこ踊り、地域に元気 八木の60〜80代 (6/21)

     2014年の広島土砂災害の被災地、広島市安佐南区八木地区で、地域に笑いを届けようと活動するグループがある。60〜80代でつくる「八木ひょっとこ踊り同好会」。昨年2月に結成し、近頃は地域外にも出向いて...

  • 土石流センサー改良し運用再開 安佐南区 (6/9)

     国土交通省太田川河川事務所は8日、5月に3度の誤作動を起こした広島市安佐南区八木町の土石流警報装置(ワイヤセンサー)の改良作業を終え、運用を再開した。通信線の1カ所に小動物がかんだとみられる傷が確認...

  • 土砂災害に備え避難訓練 緑井の自治会、経路確認 (6/4)

     2014年の広島土砂災害で11人が亡くなった広島市安佐南区緑井7丁目の八敷地区で3日、避難訓練があった。地元住民でつくる自治会「八敷福祉会」の主催。参加者約150人が避難所までの経路を確認した。 午...

  • 防災と復興、思い一つに 広島市安佐南区で集い (5/31)

     広島県と広島市は30日、土砂災害防止県民の集いを広島市安佐南区の区民文化センターで開いた。2014年8月の広島土砂災害の被災地で災害に強いまちづくりに取り組む住民組織の活動発表などがあり、市民たち約...