• トップ >
  • 広島土砂災害 >
  • 【広島土砂災害を追う 第3部 開発の末に】<3>被害拡大 小規模造成、許可いらず

トピックス

【広島土砂災害を追う 第3部 開発の末に】<3>被害拡大 小規模造成、許可いらず

2015/1/23 10:15

「花こう岩が分布する渓流では緩やかな斜面まで被害が拡大した」などと土砂災害の状況を説明する海堀教授

 ▽住宅密集 地形も要因

 土砂災害の被害が大きかった広島市安佐南区の八木、緑井地区。阿武山に向かって現場を歩くと、徐々にきつくなる斜面に新旧の家が混在し、密集している。土砂災害の危険性を訴え続けてきた広島大大学院の海堀正博教授(砂防学)は「土石流の通り道に新しい家も建てられていた」と驚きを隠さない。

 被災地の住民によると、数軒分の土地に道を通して再分割し、さらに多くの宅地として造成。新築戸建てが販売されるケースもあったという。

 大型団地が連なる同区の安川沿いと違い、比較的小規模な開発が進んだ八木、緑井地区。1971年に都市計画法に基づく市街化区域などに指定されたが、良好な都市環境をつくるための制度には「抜け道」があった。

 ▽調整池など不要

 現行の都市計画法では、市街化区域における面積千平方メートル未満の土地は、行政の許可がなくても開発できる。水路や調整池の整備などの規制がなく、手続きは簡素になるため開発しやすい。いわゆる「ミニ開発」だ。

 「この辺りは広い土地がなく大規模な開発は無理。ただ、比較的なだらかな斜面は少し石積みをすれば平らになるので、宅地として造成しやすかった」。安佐南区で半世紀近く不動産業を営む男性は振り返る。

 広島市の開発の歴史に詳しい中国地方総合研究センター(広島市中区)の宮本茂企画部長は今回の被災地について「山林に向かって道が通じるに従い、ミニ開発や単独造成がパッチワークのように広がったのではないか」と指摘。土地利用できる限界まで宅地が広がっているとみる。

 一方、県内では、花こう岩が風化してできた「まさ土」と呼ばれる崩れやすい土壌が広い範囲に分布。市がまとめた広島新史地理編(83年)には「花こう岩類からなる風化の進んだ山麓緩斜面や丘陵が発達。これらの地形は、大型土木機械が使用されるようになると、比較的容易に削ることができる」とある。

 「ミニ開発」と造成しやすい土壌により、住宅の密集は度合いを増していった。だが、それが原因で土石流の被害が拡大した実態も浮き彫りになっている。

 ▽家屋が障害物に

 海堀教授たち砂防学会のメンバーが調査した結果、被災地では花こう岩だけでなく、比較的硬い堆積岩などの分布域でも土石流が発生。花こう岩の分布する渓流では、傾斜6度程度と緩やかな場所まで土石流の被害が大きかったことが分かった。さらに家屋が障害物となって土石流は横に広がり、被災範囲が拡大したとみる。

 広島市が策定中の復興ビジョンは、住民が住み続けられるまちづくりを目指す。被災地では家を改修する住民が出始めている。海堀教授は「土石流が今後整備される砂防ダムを越える可能性は否定できない。公園や緑地などをつくり、あえて土石流を通すバッファゾーンを確保しながら地域を再生する必要がある」と指摘する。(久保田剛)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島土砂災害の最新記事
一覧

  • 3市6小学校区の基礎調査公表 土砂災害防止法で広島県 (6/30)

     広島県は土砂災害防止法に基づき、広島、尾道、三次の3市の計6小学校区での基礎調査の結果をまとめた。 西区山田▽安佐北区久地▽佐伯区湯来西▽尾道市旧田熊▽三次市甲奴、小童―の各小学校区。崖崩れと土石流...

  • ひょっとこ踊り、地域に元気 八木の60〜80代 (6/21)

     2014年の広島土砂災害の被災地、広島市安佐南区八木地区で、地域に笑いを届けようと活動するグループがある。60〜80代でつくる「八木ひょっとこ踊り同好会」。昨年2月に結成し、近頃は地域外にも出向いて...

  • 土石流センサー改良し運用再開 安佐南区 (6/9)

     国土交通省太田川河川事務所は8日、5月に3度の誤作動を起こした広島市安佐南区八木町の土石流警報装置(ワイヤセンサー)の改良作業を終え、運用を再開した。通信線の1カ所に小動物がかんだとみられる傷が確認...

  • 土砂災害に備え避難訓練 緑井の自治会、経路確認 (6/4)

     2014年の広島土砂災害で11人が亡くなった広島市安佐南区緑井7丁目の八敷地区で3日、避難訓練があった。地元住民でつくる自治会「八敷福祉会」の主催。参加者約150人が避難所までの経路を確認した。 午...

  • 防災と復興、思い一つに 広島市安佐南区で集い (5/31)

     広島県と広島市は30日、土砂災害防止県民の集いを広島市安佐南区の区民文化センターで開いた。2014年8月の広島土砂災害の被災地で災害に強いまちづくりに取り組む住民組織の活動発表などがあり、市民たち約...