「原爆の日」特集

ルポ「ヒロシマ」初稿現存 ハーシー自筆、随所に推敲の跡

2015ヒロシマ2015/8/2 11:45
故ジョン・ハーシー

故ジョン・ハーシー

 米国内外で反響を呼んだ米国人記者ジョン・ハーシー(1914〜93年)の被爆地ルポ「ヒロシマ」(46年)の自筆の初稿が、米コネティカット州ニューヘブンのエール大図書館にあることが分かった。ハーシーが47年1月、出身校である同大へ寄せていた。随所に推敲(すいこう)した跡が残り、作品に込めた思いの深さがうかがえる。

 A4判の薄紙127枚に鉛筆書きの、きちょうめんな文字が並ぶ。「A NOISELESS FLASH」(音なき閃光(せんこう))「THE FIRE」(火災)など4部構成。広島流川教会の谷本清牧師たち被爆者6人の取材を踏まえ、その体験を忠実に描いている。

 文字の上から線を引いて一部を削ったり、新たな文章を挿入したり。全編にわたり、表現を熟考した跡がうかがえる。1ページ目の冒頭には「SOME EXPERIENCES AT HIROSHIMA」(広島の体験)など、複数の題名候補も。「HIROSHIMA」以外は、上から線で消してある。

 ハーシーは46年5月下旬から広島を取材し、「ヒロシマ」をまとめた。全文を載せた同年8月31日付の米誌ニューヨーカーは1日で30万部を売り上げたともいわれる。図書館はニューヨーカー掲載時のゲラ刷りも所蔵。ハーシーが呉市に入るのを許可した46年5月24日付の米軍発行の証明書や、谷本牧師がハーシーに宛てて、自らの被爆体験を英文で伝えた書簡もある。

 初稿を含むこれらの資料は、ニューヨークに住むハーシーの孫でアーティストのキャノンさん(38)と、映像作家の西前拓さん(53)が、ハーシーの足跡をたどるドキュメンタリー作品の取材で見つけたという。

 キャノンさんは「被爆者の体験を正しく伝えようと祖父が苦心したのがよく分かる」。西前さんは、米国議会図書館が初稿を寄せてくれるようハーシーに打診した際の書簡も確認しており「それだけ貴重な歴史資料だ」と指摘している。(田中美千子)

この記事の写真

  • ハーシーが薄紙に手書きした「ヒロシマ」の初稿(エール大図書館所蔵)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

2015ヒロシマの最新記事
一覧

  • 基町高生の原爆の絵展示 中区 (8/16)

     被爆者の体験を聴いて基町高(広島市中区)の生徒が描いた原爆の絵の展示会が15日、中区袋町の合人社ウェンディひと・まちプラザで始まった。16日まで。無料。 2007年度から毎年、広島平和文化センターの...

  • 戦禍前、和やか元安川 広島県産業奨励館などの写真を愛好家の遺族が保管 (8/14)

     1937年に広島県産業奨励館(現原爆ドーム、広島市中区)を元安川から写した、地元の写真愛好家土井霞(かすみ)さん(83年に66歳で死去)のネガフィルムを遺族が保管していた。戦禍が市民を脅かす前の和や...

  • 「平和への行動」宣言 青少年国際会議が閉幕 (8/14)

     国内外の若者が核兵器廃絶などについて議論する「青少年国際平和未来会議ヒロシマ」の閉会式が13日、広島市中区の広島国際会議場であり、平和への行動を誓う宣言を発表した。 会議は4日に始まり、広島市や姉妹...

  • 米で被爆証言、心に訴え 笹森さん来日し伝承者らと交流 (8/14)

     広島で被爆し、米国で暮らす笹森恵子(しげこ)さん(83)が13日、広島市中区で、被爆者や市の被爆体験伝承者たち約20人と交流した。日ごろの活動ぶりを伝え、記憶の継承の大切さを確かめ合った。 笹森さん...

  • 児童が一筆、平和の願い 広島でメッセージ展 (8/14)

     小学生の平和メッセージを展示するイベントが13日、広島市南区の福屋広島駅前店で始まった。中国新聞社の被爆70年プロジェクト「ピース・アクト・ヒロシマ」の一環。18日まで。 同市の江波、中島、緑井、鈴...