カープ

広島、3投手に絞る 直前まで見極め

2015/10/22 9:13

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が22日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。県岐阜商高の本格派右腕、高橋純平投手は複数球団の1位指名が確実視され、夏の甲子園大会を制した神奈川・東海大相模高の小笠原慎之介投手、東京六大学リーグの通算安打記録を更新した明大の高山俊外野手らにも注目が集まる。広島は即戦力投手を候補とし、最終決定を22日に見送った。
(ここまで 179文字/記事全文 516文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

関連記事の最新記事
一覧

  • ドラ1岡田、決意の直球 指名後初登板「いい緊張感」 (11/1)

     プロへの助走は力強い直球勝負だった。広島からドラフト1位指名を受けた大商大の岡田が、関西地区大学選手権で指名後初の公式戦登板。「恥ずかしい投球はできない。いい緊張感でした」。高まる注目度に、堂々の5...

  • 3位高橋「勝利に貢献」 指名あいさつ (10/31)

     広島は30日、ドラフト3位で交渉権を獲得した高橋樹也(みきや)投手(岩手・花巻東高)に指名あいさつした。高橋は「指名直後は不安もあったが、今はユニホームを着るのが楽しみ」と笑顔を見せた。

  • 7位の青木に指名あいさつ (10/30)

     広島は29日、ドラフト7位で交渉権を獲得した山形中央高の青木陸内野手に指名あいさつした。近藤、高山の両スカウトが山形市の同校を訪れた。

  • 岡田の単独指名は想定外 白武部長ドラフト総括 (10/28)

     広島は22日のドラフト会議で7選手の交渉権を得た。投手4、捕手1、内野手2の指名に白武スカウト部長は「三つの想定外」を強調する。補強の狙いと合わせて聞いた。(山本修)

  • 「一緒に守りたい」 ドラフト4位船越・5位西川が決意 (10/28)

     広島は27日、ドラフト4位の船越涼太捕手と、5位の西川龍馬内野手(ともに王子)に指名のあいさつをした。2人は「一緒にセンターラインを守りたい」と決意を語った。

  • 集計中です