カープV7

病床に元気くれた新井君ありがとう 小学校の担任、津高さん

新井選手が夢を書いた卒業文集を見ながら、活躍を喜ぶ津高さん(左)と節郎さん

新井選手が夢を書いた卒業文集を見ながら、活躍を喜ぶ津高さん(左)と節郎さん

 「将来の夢 プロ野球の選手になる」。1989年3月、五月が丘小(広島市佐伯区)の卒業文集にそう書いた「新井君」がセ・リーグの頂点に初めて立ち、担任だった津高(旧姓中川)昭江さん(61)=佐伯区=は拍手を送った。放送局でカープ戦の中継に携わっていた夫と喜び合った。
(ここまで 132文字/記事全文 606文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする