• トップ >
  • くらし >
  • 安心安全 >
  • 【広島県生活センター】扇風機やエアコンの事故に注意しましょう

くらし

【広島県生活センター】扇風機やエアコンの事故に注意しましょう

2018/7/11

 毎年、6〜8月は扇風機やエアコンに関する事故が多く起こっています。
 扇風機の火災事故は、製造から10年以上たっている製品で多く発生しています。製造から長期間経過した扇風機は、異常が見られなくても、使用を中止するか、使用しないときは電源を切り、電源プラグをコンセントから抜くようにしましょう。
 エアコンは消費電力が大きいため、延長コードにつなぐと、発熱・発火のおそれがあります。エアコンのプラグは延長コードにつながずに、専用のコンセントに直接つなぎましょう。
 扇風機、エアコンはどちらも異常がある場合は、すぐに使うのをやめ、販売店またはメーカーなどに相談するようにしてください。