• トップ >
  • くらし >
  • 安心安全 >
  • 【広島県危機管理監】電気器具の火災防止について

くらし

【広島県危機管理監】電気器具の火災防止について

2018/9/28

 電気器具は、便利で快適な生活には欠かせないものですが、誤った使い方や取り扱いの不注意などで火災を引き起こすことがあります。
 広島県内の火災の原因は、「たき火」「たばこ」「放火」が上位を占めています。しかし、電気に関係する「配線」「電気機器」「配線器具」を合わせると、上位三つの件数に迫るほど、電気器具を原因とする火災は多いのです。
 電気器具は正しく使用すれば、安全に長く使うことができます。使わないときは小まめにプラグを抜く▽たこ足配線を絶対にしない▽プラグにたまったほこりは小まめに取り除く▽コードの傷みに注意する▽コードは束ねて使用しない―などの注意事項を守り、電気器具の火災の防止に努めましょう。