コラム・連載・特集

<2> 冬越し控え天敵襲来

2018/11/25 0:00
巣箱に集団で押し寄せたオオスズメバチ。セイヨウミツバチも固まりになって懸命に応戦する(三次市)

巣箱に集団で押し寄せたオオスズメバチ。セイヨウミツバチも固まりになって懸命に応戦する(三次市)

 秋―。ミツバチたちは冬越しのための餌集めに追われる。ひっきりなしに出入りする巣箱にはカマキリやカエルなどさまざまな天敵が現れる。中でも最も厄介なのが凶暴な蜂、オオスズメバチだ。5、6匹の集団で巣箱が襲撃を受けると、ミツバチが2万〜3万匹いても2時間ほどで全滅させられてしまうという。
(ここまで 142文字/記事全文 870文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • オオスズメバチに襲われた巣箱を見詰める光源寺さん夫妻。ミツバチの死骸が無数に広がる
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

旅するミツバチの最新記事
一覧

  • <16> 環境変われど養蜂と歩む (6/23)

     ミツバチとともに季節の花を追って旅する転地養蜂は、南北に長い日本列島と四季の恵みが育んできた伝統産業だ。大正、昭和、平成、令和と四つの時代をつないできた広島県北の養蜂家たちもこの時期、次々と最終目的...

  • 【特集】蜜源 四季彩々<1> (6/16)

     菜の花、サクラ、レンゲにトチノキ…。四季折々のさまざまな花に恵まれた日本列島。転地養蜂家は季節の移ろいに合わせ、ミツバチたちと花の蜜を追って南から北へと旅をする。

  • 【特集】蜜源 四季彩々<2> (6/16)

     菜の花、サクラ、レンゲにトチノキ…。四季折々のさまざまな花に恵まれた日本列島。転地養蜂家は季節の移ろいに合わせ、ミツバチたちと花の蜜を追って南から北へと旅をする。

  • 【特集】蜜源 四季彩々<3> (6/16)

     菜の花、サクラ、レンゲにトチノキ…。四季折々のさまざまな花に恵まれた日本列島。転地養蜂家は季節の移ろいに合わせ、ミツバチたちと花の蜜を追って南から北へと旅をする。

  • <15> 養蜂の後継者難 課題に (6/9)

     すがすがしい風がシラカバ林を吹き渡り、日の光がまぶしい。全国的に高温傾向が続く中、北海道はすでに初夏を迎えていた。「ようやっとここまで来た」。今月4日、三次市の山田浩二さん(43)は父親の巌(いわお...