2019統一地方選

【島根政変 自民分裂知事選から】<上>王国の勢力図 小選挙区制で県議が力

島根県2019/4/11 12:07

 44年ぶりの自民党分裂選挙となった知事選が幕を閉じた。党の県議多数派が支えた元県政策企画局長の丸山達也氏(49)が、国会議員5人やベテラン県議が擁立した元消防庁次長の大庭誠司氏(59)に競り勝った「自民党王国」の政変の背景と、その余波を探る。

 <下>ノーサイドの行方 市長や県議対立、溝深く

 丸山氏が歴史的な勝利を収めた7日夜。松江市の選挙報告会場で、陣営を事実上率いた自民党の五百川純寿県議(70)はこう誇った。「なぜ丸山氏がいいのかを14人が訴え続けた結果だ」

 14人とは、五百川氏と洲浜繁達氏(78)を除けば中堅と若手の自民党県議だ。昨年12月の党県連による候補者選考時に、丸山氏を知事候補として一致して推した。意に反して大庭氏が選ばれ、党県連や国会議員を敵に回しても、結束は最後まで崩れなかった。

 ▽「国政の対立軸持ち込む時代終わった」
(ここまで 373文字/記事全文 1429文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

島根県の最新記事
一覧