地域ニュース

砂防ダム半数、未着工 広島の国緊急事業、完成延期も

2019/7/7

 昨年7月の西日本豪雨を受け、国が緊急事業として広島県内で今春の着工を予定していた砂防ダム全20基のうち10基がまだ着工していないことが6日、分かった。用地買収の手続きが進まないため。このうち7基は着工時期を見通せておらず、目標とする2019年度中の完成に間に合わない可能性がある。
(ここまで 141文字/記事全文 702文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

西日本豪雨1年の最新記事
一覧

  • 西日本豪雨1年関連記事リンク (7/7)

     西日本豪雨から1年。土石流に襲われた広島県坂町小屋浦地区のカーブミラーに映る景色。(上)被災直後、自衛隊員たちが救助や捜索に歩いた。(下)今月2日、1年がたち、かつての生活が戻りつつある

  • 西日本豪雨1年、被災地で追悼行事 命守る誓いのともしび【動画】 (7/7)

     14府県で270人以上が亡くなり、平成最悪の豪雨災害となった西日本豪雨は6日、各地で甚大な被害が出てから1年を迎えた。最多の犠牲者が出た広島県をはじめ、各被災地で追悼行事が開かれ、亡き人を悼んだ。今...

  • 砂防ダム半数、未着工 広島の国緊急事業、完成延期も (7/7)

     昨年7月の西日本豪雨を受け、国が緊急事業として広島県内で今春の着工を予定していた砂防ダム全20基のうち10基がまだ着工していないことが6日、分かった。用地買収の手続きが進まないため。このうち7基は着...

  • 西日本豪雨1年、一緒にいたかった (7/7)

     ふとしたことで在りし日の姿を思い出す。前を向こうと決めたはずなのに、涙が頬を伝う。中国地方だけで228人もの死者・行方不明者を出した西日本豪雨から1年。被災地は6日、祈りに包まれた。息子を亡くした母...

  • 安芸区で長男失った植木さん、同級生と再会 思い出胸に一歩 (7/7)

     広島市安芸区矢野東の団地「梅河ハイツ」。西日本豪雨から1年、自宅が土石流に襲われて亡くなった高校3年植木将太朗さん=当時(18)=の母富士子さん(46)と同級生2人が自宅跡で再会した。強い日差しが、...