地域ニュース

虐待か 2歳女児死亡 殺人容疑で同居の男逮捕 広島東署(2010年12月26日掲載)

2019/10/18 16:12

 同居している2歳女児に暴行を加えて殺害したとして、広島県警広島東署は25日、広島市東区のコンビニエンスストア店長の男(35)を殺人の疑いで逮捕した。

 広島東署の調べでは、男は25日午前3時ごろ、同居するパート従業員女性(27)の長女(2)に対し、殺意を持って腹を踏みつけた上、背中を蹴るなどして殺害した疑い。

 同署によると、男は大筋で容疑を認めているという。犯行当時、女性は別室で就寝中だった。被害者の体に古い傷痕があることから、同署は日常的な虐待についても調べている。

 同署などによると、25日午前7時5分ごろ、男から「子どもが息をしていない」と119番があった。市消防局が被害者を病院に搬送し、死亡が確認された。市消防局からの通報で同署が捜査していた。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧