地域ニュース

教員の車逆走 基準超す酒気 尾道で衝突 2人けが(2019年07月14日掲載)

2019/10/20 14:39

 13日午後10時55分ごろ、尾道市高須町の国道2号「松永道路」上り線の高須トンネル内で、福山市の教員女性(49)の軽乗用車が逆走し、尾道市の会社員男性(27)の軽乗用車と正面衝突した。女性は腰や胸の骨を折る重傷、男性は軽傷の見込み。女性からは基準値の2・7倍の呼気1リットル当たり0・4ミリグラムのアルコールが検出されており、広島県警高速道警察隊は、女性を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いでも調べる。

 現場は片側2車線で、事故は追い越し車線で起きた。事故処理のため、瀬戸内しまなみ海道西瀬戸尾道インターチェンジ(IC)―松永道路西藤IC間の上り線が約55分間、通行止めとなった。

 県教委教職員課の山田哲也課長は「公立学校の教員ではないかとの情報が入り情報収集をしているが、詳細がつかめていない。もし事実であれば、非常に重大な事案で、誠に遺憾だ」としている。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧