地域ニュース

認知症の運転危険性 冊子で紹介

2019/10/30
高齢運転者のガイドブックを広げる広林さん(左)と神田さん

高齢運転者のガイドブックを広げる広林さん(左)と神田さん

 高齢ドライバーの自動車事故が社会問題となる中、周南市の病院のリハビリ担当者たちが、認知症と自動車の運転の危険性を考えてもらう冊子「高齢者自動車運転支援ガイドブック」を作った。運転に不安がある人に早めの受診を勧め、運転免許の自主返納後のサポートなどを紹介している。
(ここまで 132文字/記事全文 531文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • 広島みなと夢花火も中止 20年

     広島港(広島市南区)一帯で毎夏開かれている「広島みなと夢花火大会」を主催する広島祭委員会などは30日、来年の花火大会の開催中止を決めた。東京五輪・パラリンピックの開催時期と重なり、十分な警備態勢を確...

  • 「原爆孤児」の暮らし伝える465点

     原爆資料館(広島市中区)は30日、原爆で親を奪われた子どもたちを受け入れた「広島戦災児育成所」について、創設者の山下義信氏(1894〜1989年)の遺族から関連資料の寄贈を受けたと発表した。日誌や写...

  • 黄砂飛来、かすむ秋 広島や岡山

     広島と岡山両県で30日、黄砂が観測された。黄砂は春に飛来することが多く、広島地方気象台によると、中国地方で秋に観測されたのは2013年10月以来6年ぶり。11月1日にかけて西日本に流れ込む可能性があ...

  • 農家に最新技術を紹介 東広島

     農家に最新の技術を紹介するイベントが30日、東広島市のJA西日本営農技術センターで始まった。生産現場の高齢化や人手不足を受け、省人化につながる農機や情報通信技術(ICT)がそろった。全国農業協同組合...

  • 芸陽バス、高速2系統休止

     芸陽バス(東広島市)は、深刻な運転士不足を理由に、高速バス「豊栄・高美が丘―広島線」の運行を9月末で全便休止した。路線バスやJRなど、直行ではないが代替の交通手段があることから踏み切った。 休止した...