• トップ >
  • 地域ニュース >
  • アーカイブ >
  • 通学かばん重過ぎる 広島の中学生 10キロ以上、体に負担 脱ゆとりで教科書厚く(2017年07月21日掲載)

地域ニュース

通学かばん重過ぎる 広島の中学生 10キロ以上、体に負担 脱ゆとりで教科書厚く(2017年07月21日掲載)

2019/10/31 16:40
背骨の変形の疑いを指摘された広島市西区の男子中学生。14キロの荷物を持ち運び、猫背気味になっている(画像の一部を修整しています)

背骨の変形の疑いを指摘された広島市西区の男子中学生。14キロの荷物を持ち運び、猫背気味になっている(画像の一部を修整しています)

 中学生の通学かばんが重過ぎる―。そんな声が、中学生や保護者に広がっている。「脱ゆとり教育」の流れで教科書が厚みを増したのが最大の要因。広島市では合計14キロの荷物を持ち歩き、肩凝りや体の痛みを訴える生徒もいる。定期健診で「背骨に変形の疑いがある」と指摘されたケースも。専門医からは身体の成長への影響を懸念する声も出ている。

 「息子の通学かばんが異常に重い。体が心配」。広島市西区の主婦(37)は顔を曇らせる。中学2年の長男(13)が通う市立中は、自宅から1・5キロ。総重量8・5キロの通学かばんを背負い、手に5・5キロの補助バッグを提げ、片道30分を歩いて通う。部活動の道具なども入れる補助バッグの持ち手は、重みでちぎれかかっていた。

 身長159センチ、体重47キロ。中学生として体格が小さいわけではない。ただ、荷物は体重の3分の1に相当する。腰や背中に痛みを感じ、5月の定期健診では「脊柱変形の疑い」と診断された。主婦は「猫背気味でもあり、成長への影響が心配。少しでも軽くできないだろうか」と案じる。

 安佐南区の市立中の3年女子生徒(14)は、高校受験に備えて学校帰りに週3日、塾に通う。通学かばんには教科書に加え、塾の教材、弁当や水筒も入れる。重さは10キロ以上で、肩凝りに悩む。「必要な勉強道具だけを持ち歩きたい」と願うが、教室に置いたままにする行為は「置き勉」と呼ばれ、禁止されている。

 教科書の発行会社でつくる教科書協会(東京)によると、文部科学省が2008年度の学習指導要領改定で「脱ゆとり教育」にかじを切った影響で、教科書が厚くなっている。

 中1〜3年の教科書の総ページ数は16年度に4182ページと、02年度の2711ページと比べて54・3%増加。写真や図版を豊富に載せるために紙質も向上し、重みが増す。さらに、学校の判断で購入する資料集などの副教材も、主流がA5判から雑誌サイズのAB判にワイド化している。

 教科書の総ページ数を比べると、小学生も58・4%増えているものの、副教材は中学生ほど多くない。一方、高校生の増加率は20・6%で、中学生の増加が際立っている格好だ。

 桜田整形外科(南区)の桜田和之院長(66)は「成長段階の骨は弾力性があり、重過ぎる物を持つと姿勢に影響を与えやすい」と指摘。その上で、ゲームやスマホの普及で外遊びする時間が少ないとして「小さいうちから腹筋や背筋を鍛えて体幹を強くし、健康的な背骨をつくることが大切」と強調している。(ラン暁雨)


この記事の写真

  • 男子生徒のかばんの中身。教科書や資料集など計24冊が入っており、重さは8・35キロを示した

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧