地域ニュース

聖地に蒼穹のファフナーぼんぼり

2019/12/2
キャラクターの絵や尾道への思いが記されたぼんぼりを眺めるファン

キャラクターの絵や尾道への思いが記されたぼんぼりを眺めるファン

 尾道市をモデルにしたアニメ「蒼穹(そうきゅう)のファフナー」のファンが作ったぼんぼりが、同市土堂の尾道商業会議所記念館に飾られている。作品の世界観を追体験する「聖地巡礼」で尾道を訪れた際に残した21個。再訪を願い、同館スタッフが展示した。
(ここまで 120文字/記事全文 611文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • 被服支廠、2棟解体1棟保存へ

     広島市内最大級の被爆建物「旧陸軍被服支廠(ししょう)」(南区)について、広島県は2日、所有する3棟のうち1号棟の外観を保存し、2、3号棟を解体する原案を固めた。概算費用は8億円を見込んでおり、202...

  • 佐々岡新監督が就任あいさつ

     広島東洋カープの佐々岡真司監督が2日、広島市役所を訪れ、松井一実市長に就任あいさつをした。「市民の皆さんとともに戦い、V奪回を目指します」と1年目の来季に向け、抱負を語った。

  • 職員名簿の製本中止へ 広島市

     広島市は来年度から職員名簿の製本、販売を中止する。年度当初の繁忙期に作業する市職員の時間外勤務を減らし、経費を削減する狙い。名簿は市民向けにも販売していたが、今後は市公文書館(中区)で職員名と所属の...

  • 呉の鉄工所に金属片が落下か

     呉市広多賀谷3丁目の鉄工所工場で11月30日昼、重さ数キロの金属片が屋根を突き破って落下していたとみられることが2日、分かった。当時、工場は無人でけが人はなかった。30日昼は民間機の飛行は報告されて...

  • 安佐市民病院跡地に学校想定せず

     2022年春に移転する広島市立安佐市民病院(安佐北区可部南)の跡地活用推進協議会が2日、区地域福祉センターであった。市は、跡地へ「医療・福祉系等の教育機関」を誘致する方針で、公募に向け実施した対話型...