地域ニュース

東広島呉道の4車線化判断先送り

2019/12/14

 暫定2車線で運用している東広島呉道路(東呉道)の整備で、中国地方整備局は13日、東広島市が求めている4車線化工事に着手するかどうかの判断を当面、先送りする考えを示した。呉市の阿賀インターチェンジ(IC、先小倉交差点)の立体化工事の完成を優先させるのが理由という。
(ここまで 132文字/記事全文 483文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • ひろしま男子駅伝 バナーでPR

     来年1月19日にある天皇杯第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(ひろしま男子駅伝=日本陸連主催、中国新聞社、NHK共催)をPRする懸垂幕(バナー)が14日、広島市中区の平和大通りなどコース沿いに...

  • 平和の池 ガラス説明板が破損

     平和記念公園(広島市中区)の原爆慰霊碑そばにある「平和の池」に設置されたガラス製の説明板1枚が割れていることが14日、分かった。広島市は10日に来園者の通報で把握しており、原因を調べている。 池の底...

  • 基町アパート 若い世代の入居増

     広島市中区の市営基町アパートで、若い世代の入居が増えている。市が地域活動への協力を条件に収入の制限をなくすなど、40歳未満の人たちを呼び込む特例制度を設けたのがきっかけ。今年4月以降に12戸の計15...

  • 比の紛争 JICA研修員ら報告

     平和の大切さを考える「HIROSHIMAピーストーク」が14日、大竹市の玖波公民館であり、フィリピン出身の国際協力機構(JICA)研修員と広島大の留学生たち5人が、母国の紛争などの現状を報告した。

  • 永川さんと梵さん 三次で引退式

     ことし現役を引退した、広島東洋カープの元投手で来季からカープの2軍投手コーチに就任する永川勝浩さん(39)と、元内野手梵英心さん(39)の引退セレモニーが14日、2人の古里である三次市のみよし運動公...